パチスロの設定狙いとは?設定狙いで勝率を上げる!

スロットが打ちたくてもお金が足りない!!そんな人には必見の情報!
パチスロの設定狙いとは?設定狙いで勝率を上げる!

パチスロで無駄なく勝つ為の設定狙い

パチスロを打つの理由。それは儲けたいから

誰も負けに行く奴はいないはず。

勝つ為に必要になってくることは「台を見る力」これに限る。

その「台を見る力」で重要になってくるのが「台の設定を察知する」という事。

設定が悪い台、設定が良い台。

どっちを打てばいいかは誰でもわかると思うが今回はその「台の設定」を読むコツ、そして「設定狙い」について書いていく!

パチスロで台の設定の読むコツ

パチスロの設定狙いとは?設定狙いのコツ!

設定狙いのコツとは??

まずはじめに理解しておかないといけない事。

このパチスロの台の設定は誰が操作しているかという事だ。

予想はついているとは思うが「店舗」である。

人為的操作により、台の設定は常にコロコロと変わるわけだが、店舗はお客金を巻き上げないと儲からないが、巻き上げてばかりだと、お客は得をしないので客離れが起こり、次は店舗が儲からなくなる。

その為お客にも勝たせる必要があるのだ。

この勝たせる為に設定された台を探り当てる事が出来ればどんなに嬉しいことか。

しかし100発100中で高設定を狙うことは不可能である。

でも高設定台を選ぶにおいて参考になる点はいくつかある。

1.角台は基本的には高設定を入れない

これはパチスロ熟練者ならば知っている人も多いかもしれないが、角台は驚くほどに出ない。

友人も「角台は打つな」と教えてくれたのが懐かしい。

なので角台は打たないことが無難。

2.新台導入時は狙い目?

新台を導入する際には店舗はその台の各設定でどのくらいの差枚数が出るのかなどわかっていない。

なので店舗もその台の特徴を理解することが必要なので、様子見として新台は据え置きされることが多い。

3.高設定台の隣を狙うべし?

ホールを回って、大爆発している台を見つけたらその横を狙うべし。

理由は店舗側は高設定を使うことで稼働率を上げたい。しかしその隣に誰も座らなければ稼働率は上がらない。なので高設定の横には高設定を置くことがよくある。

高設定の横に高設定を置くなんて中々信じがたいが店舗の策略を読むことで納得できるだろう。

4.設定6だった事が予想される台は触らない

設定6というのは同じ台に何度も何度も入れるのではなく、基本的には様々な台で回し回し入れている。

つまりローテーションされているという事。

なので1週間以内に設定6だったと予想される台は高設定は期待しにくいので触らないべし。

5.曜日を確認する

やはり曜日は設定に関係していると言える。

土日は来客数も増えるので店も儲けどき。

なので土日で一気に回収にかかる事が多いのでつまり土日はカモにされる事が多い。

回避すべき曜日は「土日」と言えるだろう。

では高設定が多い曜日は実在するのだろうか、、、

これは自分の経験談と憶測だが、火曜日、金曜日は高設定台をよく目にする。

この理由っとしては確証は持てないが、火曜は常連客に勝たせる為に高設定台を入れているということ。

金曜日は週末に向けて勝たせておく必要があるからではないか。

あくまでも個人の意見なので参考程度に。

ポイントを押さえて設定狙い!

パチスロの設定狙いとは?設定狙いで勝率を上げる!

ポイントを押さえて設定狙い!!

熟練者はある程度高設定を狙うためのポイントを自分で理解していると思うが、初心者は中々それは難しいので、上記を参考にしてほしい。

このポイントを押さえて、あとは一連の流れをこなすだけ!

やはり先ほど挙げたポイントを見てみると店舗側に仕向けられていることがわかる。

地域や店舗によって設定の入れ方に癖がある場合がある。

なのでまずは店舗の癖を押さえる!

次はホールの各台の履歴などを確認して自分の打つ台を絞り込む。

最後は打たずに判別する!だったらいいのだがやはり台を打たない限り、これまで立てた憶測は予想でしかない為め、最後は自分で高設定が入っていそうな台を実際に打って確かめる。

この流れの中で大切なのは店舗の癖を押さえること。

これが分かれば狙い目は大体予想を立てられる。

すぐにわかるものではないが、負けずに、しっかりと勝てるプレイヤーになる為にはこのような地道な検証やデーターの収集は必須!!

日々の努力が稼ぎにつながることは間違いないので、無駄な台を打たずに高設定の台に狙いを定めて打てるようになろう!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする