ブラックジャックのルール カジノ攻略

スロットが打ちたくてもお金が足りない!!そんな人には必見の情報!

カジノと言えばブラックジャック

ブラックジャックのルールと攻略法

ライター✑ハットリくん

ブラックジャックと言えばまず思いつくのは

医師免許を持たない凄腕医師ですよね

ブラックジャック違い

今回は手術をしない方のブラックジャックです!

カジノで有名なブラックジャックについての

ルール解説と攻略法を伝えていきたいと思います

ブラックジャックはディーラーに勝つゲーム

ブラックジャックと言えば21を出すという

イメージが強いかもしれませんが

21が一番強いだけで21を出すゲームではありません

重要なのはディーラーに勝つ事ですよ!

ここだけ初めに入れておいてくださいね

ブラックジャックのルールと解説

ブラックジャックの攻略法

まず、ディーラーとプレイヤーに分かれます

ジョーカーを含まない52枚のトランプを使用します

ディーラーとプレイヤーはそれぞれ

トランプを引き合計が21を超えないように

手持ちのカードを増やします。

21に近いほど強いカードになり

その数字がディーラーよりも強いと勝利となります。

カードは2~10の間の数字であり

Aは1か11の都合の良い方を利用できる

J、Q、Kの三枚はすべて10とカウントされる

実際の流れ

まず初めにプレイヤーがベット(賭け)をする。

それが終わるディーラーが参加者と自分に2枚ずつ

カードを配ります。ディーラーのカードは2枚のうち

1枚は表向きに置き全員が見る事ができます。

もう1枚のカードは裏向きにおいてあります

このカードをホールカードと言います

プレイヤーの行動がすべて終わった時に

ディーラーのカードが表向きになります

その際に21に近い方が勝利となります。

プレイヤーのカードは表向きや裏向きで

配るのはルールがありそれによって異なります

用語集

・ヒット

カードをもう一枚引く

☆方法

テーブルを叩く、あるいは手招きをする

・スタンド

カードを引かずに勝負する

☆方法

手のひらを下に向けて水平にふる

・スプリット

配られたカードが2枚とも同じ時

初めのベットと同じ額を追加することで

それを二つにわけてプレイできる

☆方法

初めのベットの横に同額をベッティングボックスの

外に置き、2本の指をV字に手を広げる

・ダブルダウン

プレイヤーは最初の2枚のカードを見てから

ベットを2倍にしてさらにカードを引くことができる

これに追加はない。

☆方法

初めのベット横に同額の置き人差し指で指さす

・サレンダー

プレイヤーの手が悪い時にベットした

半額を捨てプレイを放棄すること

採用していないカジノが多い

・インシュランス/インシュアランス

ディーラーの表向きのカードがAのときには

最初のベットの半額を追加することで

保険をかけることである。

・バスト

引いたカードの合計が21を超えてしまうこと

この時点でプレイヤーは負けとなる

ブラックジャックの攻略法

ブラックジャックは21を目指すというのが

眼中にあると負けてしまいます。

重要な点はディーラーよりも強い

カードを引くことであります。

つまり手持ちのカードを21にするのではなく

ディーラーよりも強いカードをすること

プレイの目安

17以上の数字が出ると常にスタンドする方がいいです

11以下では必ずヒットすることですね

ディーラーがバストする確率は

平均3回に1回ぐらいですね

特にディーラーの最初のカードが

3~6の場合は高確率でバストするので

12~16の低い数字でもスタンドするのがおすすめ

ディーラーがAや7以上の場合はバストせずに

高得点が出る確率が高いので

バスト覚悟で引く方がよいかもしれないですね

バストは良くないですけど低い点数で

勝負するのは危険すぎると思います

Aか8のペアの時にはスプリットをした方がいいですよ

スプリットでは自分の取り分が倍になるので

非常に狙い目ですよ!10のペアではスプリットを

しないようにしましょうね