パチンコ新規制について〜今後のパチンコ業界〜

2018年パチンコ業界はどうなる!?

パチンコ出玉規制法案可決の写真

2017年、パチンコ業界に衝撃が走りました。

そうです、

パチンコ業界に対しての、最後のお告げ。

出玉規制を実施することが決まりました。

2018年2月から規制が始まります。

今まで、パチンコ業界は幾度となく規制を受けてきましたが、

グレーゾーンという感じで、風営法の盲点をつき、掻い潜り抜けてきました。

ですが、今回の新規性は

これからのパチンコ業界の存続も危ぶまれるような内容となりました。

あくまでも、規制を改正し現行規制の見直しを図るもので

「パチンコを含むギャンブル等依存症対策の強化に関する」

という発表がありました。

そこで今回はどういった規制がかかるのか

具体的にいつから規制が始まるのか

といった詳しいことをまとめて記載していこうと思います。

パチンコ業界の新規制は出玉規制!?

パチンコ業界の新規制は一言で言ってしまうと、

出玉規制です!

今回の出玉規制はパチンコ業界の顧客が遠のいていくことが、

目に見えているため、すごく厳しい規制内容となっています。

今後の、規制緩和はあるのだろうか・・・・。

タイミング的にも、なぜ今の時期に規制が入るのだろうか。

と思っている方々もたくさんおられるかと思いますので、

その全てを今回は解説していきたいと思います。

パチンコと一括りに言ってもスロットも含んでいるので、

パチンコとスロットを分かりやすく別々に解説していきたいと思います。

パチンコの新規制

パチンコ新規制の画像

出典Wikipediaさんより

今回のパチンコの出玉規制(新規制以下出玉規制という)の具体的な内容はどう言ったものなのかをここでは詳しく解説していきたいと思います。

出玉規制を強化する新試験方法を導入

・大当たり時の出玉が2400個から1500個への引き下げ

・標準的な遊戯時間とされる4時間で獲得できる発射総数の1.5倍

6段階の設定が導入

・管理遊戯機の導入

パチンコに関しては以上の4つが主な規制内容と言えるかと思います。

まずはその名の通り、大当たり時の出玉が2400個から1500個への引き下げが実施されます。

これにより、ボーナス時の出玉が相当少なくなりますね。

次に標準的な遊戯時間とされる4時間で獲得できる発射総数の1.5倍と定められました。

パチンコを4時間打ち続けて発射できる玉は24000発その1.5倍が勝利分。

ということは12000発です。1発4円だと計算しても、勝ち分は48000円

つまり、4時間打ち続けても5万も勝てないということになります。

4時間の上限が48000円になります。

そして、パチンコにもスロット同様に”設定”を導入できるというのと、

管理遊戯機の導入というのが一番ややこしいですね。

まだ詳細は発表されていませんが、

「管理遊戯機(いわゆる封入式)の導入」という部分から考えると、

パチンコの設定とも言える釘の部分の調節を自動で行うことで

出玉率の設定を行うのではないかと思います。

パチスロの新規制

パチスロ 新規制の

パチスロの新規制は分かりやすく説明すると3つあります!

・3000枚規制

・有利区画がゲーム全体の7割未満

・ART関連の設定差を撤廃

2018年6号機規制では最大機械割が圧倒的に低下します。

どういうことかというと、現行の5号機の最大機械割が

119%ですが、6号機では105%となります。

出玉でゆうと、105%でも上手く設定したとしても3000枚が限界です。

結論から言うと一撃で3000枚以上獲得は不可能です!!

純増2.0枚に加え、有利区画1500GがMAXとなります!

例えば、アナザーゴッドハーデスの32G以内にある裏ストックですが、

これは有利区画に含まれるため、

出玉のある区画+出玉はなくとも潜伏している区画

合計で1500G以下である必要があるため、

もしも1500GをATで消化してしまえば、

32Gの裏ストック潜伏は無くなると言うことです。

有利区画が1500Gに到達した時点で初期化されるため

有利区画は即終了です。

ボーナス中の場合はボーナスゲームが終了するまでは続きますが

終わればすぐ終了すると言うことになります。

ART関連の設定差を撤廃すると言うのは単純で、

当選抽選を行う際に、高設定ならば当選確率が高く、

低設定ならば当選確率が低いというのをなくしてしまい、

設定差をなくし当選確率を一律にする、と言う規制です。

〜今後のパチンコ業界はどうなる!???〜

2018年パチンコ・パチスロファンからすれば今後の展開が不安で仕方ないことでしょう。

が、安心してください。

今後も存続することは間違いありません!!

現行の5号機に変更になる時、万枚なんか出るのか!?

と誰しもが思いましたが、

ミリオンゴッドシリーズやバジリスク絆では

一撃万枚なんてことも見かけますよね。

5号機で設定6の場合、メーカーの発表では機械割が119%とのことですが、

実際は140%から160%の機械割はありましたww

4号機から5号機になり、5号機の規制の中で

ミリオンゴッドシリーズは5号機という枠の中で開発し、販売しています。

それと同様に6号機という枠の中で開発し、販売する

ことがメーカーにはできると思っています。

それを待つしかない!!

なので、みなさん一緒に素晴らしいポテンシャルを秘めている

台の発表を待ちましょう!!

ではでは!!