パチスロの換金率(交換率)って何??

換金率(交換率)って何なの??

パチンコ・スロットの換金率・交換率とは

換金率、交換率とは

パチスロをやるにおいて理解をしておかないといけないことがある。

それは『換金率(交換率)』(以下、換金率)

言葉で大体の予想はつくと思うがこれは

【メダルをどのくらいの割合でお金に換金(交換)してくれるのか】ということについての割合になる。

だから「自分は今回~~枚メダル(玉)を持っているだから換金すると~~円だな」計算をできるようになるというわけ!!

これを分かっていないと

「自分はこれくらい出てるから、これぐらいに換金できるだろう・・・」

と曖昧にもなるし、換金後に思っていた金額と誤差が生じるということだ。

これはパチスロをするにおいて必ず知っておくべきこと!!

この記事では計算方法などについてみっちりと書いていく。

読み終わるころにはしっかりと換金率を計算できるようになっておこう!!

店舗や地域によって換金率は様々

交換率、換金率って何?

交換率(換金率)は様々。

パチスロをする人はわかっているとは思うが実は換金率は店舗や地域によって様々なのだ。

例えばある店で5枚交換で、メダル50枚を1000円で借りたとする。

そして自分が500枚メダルを出した。

5枚交換なので5枚で100円に換金できる。

つまり500枚交換の場合換金をすると10000円になるというわけだ。

このパターンは【等価交換】というパターン。

同じ割合で借りて同割合で交換できるのが等価交換だ。

対して借りた割合と換金する割合に差が生じる場合がある。

それは【非等価交換】だ。

さっきの等価交換のパターンだと1枚20円の計算で借りることも換金することも出来た。

しかし非等価の場合は1枚20円で交換したのに換金するときには1枚16円になっていたり、借りた額よりも1枚当たりの換金金額に差が生じるということなのだ。

『じゃあ換金率の良いところでプレイすればいいじゃん!』

確かにその通りなのだが、残念なことにホールでは換金率を公表してはいけない。ということになっているのでプレイ前に換金率を知ることが出来ないのだ。(店員さんが内緒で教えてくれることもあるとかないとか・・・)

手っ取り早く換金率の予測を立てる方法がある。

それはホールにある特殊景品の交換枚数表記から計算する方法だ。

ホールによって様々だが特殊景品が何枚で交換できるのか表記している事がある。

はっきりとした景品の価値はわからないが大抵は100円、200円、500円、1000円、1500円、5000円とこの辺りなので交換枚数から換金率を予測できるというわけだ。

景品には『大景品』『中景品』『小景品』とあるのだが、自分は大景品でよく計算を行う。

大景品は大抵5000円ほどのものなので、1枚20円貸しの場合、大景品を250枚で交換できればこれは『等価交換』だ。と予想できる。

では1枚20円貸しで大景品275枚で交換。となればこれの換金率は??

答えは1枚当たり18円ほどの換金率だ。

つまりこの場合『非等価交換』となる。

これで計算できるようになったかな??

換金額=メダルの枚数÷換金率(交換率)×100円

これを忘れずに!!

換金率が悪い場合に気を付けること

交換率、換金率って何?

非等価で気を付けること。

換金率が非等価の場合に気を付けることは何か?

非等価の場合は現金で借りた瞬間にメダル(玉)の価値は支払った金額以下になるということ。

等価交換の場合は1000円で借りても借りた分を換金すれば1000円になるが、非等価の場合は1000円で借りてそのままの枚数を交換しても1000円以下になるといことだ。

つまり非等価の場合、現金を使えば使うほど損をしてしまう。。

では非等価の場合どうすれば良いのか??

それは「出玉を使ってプレイする」ことなのだ。

もう二度と来ることのない店では諦めてプレイするしかないが、よく行く店などの場合は会員カードなどで「貯玉・貯メダル」をしそれを使いプレイする。

なので買った場合はすべて換金するのではなく、次回もプレイできる枚数を貯金しておく事。

これをすることで無駄な現金を投資せずにプレイすることが可能になる!

換金率は自分が損をする可能性を分かる指標になるので必ず押さえておくべき!!

損をせずに楽しパチスロLIFEを!

初心者必見のスロットの基本的な打ち方はこちら

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする