スロットのビタ押しの練習のコツを教えるスロット設定の紹介

スロットのビタ押しとは

スロットにおいて、狙った図柄を揃えること。
狙った獲物を必ず仕留める。それがビタ押し!

スロットのビタ押しができない人へ練習方法とコツを伝授!

狙った獲物は逃さない

ちなみに余談ですが、ライオンさんの狩りは

ほぼほぼメスがするだとか

しかもオスのシンボルである、たてがみは

地球温暖化の影響からそろそろなくなるそうです。

人間が地球に誕生してから地球にとって

いいことはあったのでしょうか……

ということで本題へ

スランプグラフの狙い目と見方だけでスロット台は選別できる?絶対に勝てるスランプグラフの見方は存在する?

スロットでたまに見かけるすごい人!

スロットのビタ押しの練習のコツを教えるスロット設定の紹介

スロットめちゃできる人

今までのスロット人生で

こんなことはなかったですかい?

この台ぜんぜん当たらん、場所を変えよう。

しばらく場所を変えてもぜんぜん当たらない。

今日はもう帰ろう。。。

あれ、めっちゃ当たってる人がいる。

ん、ん、んん!!!??

何度も図柄を揃えてる?

また、隣の人今日めちゃくちゃ負けてるな。

あ、台変えた。

まぁこの台は今日は当たらんな

あ、新しく人が座った。。。

この台絶対当たらんのになー、俺なら絶対違う……

図柄めちゃめちゃ揃えてる?

こんな体験された方は多くいると思います。

そんな時こう思いませんでしたか?

俺もこんな思った通りに、揃えられたらな~

確かに、スロットはギャンブルです。

うまく当たる日もあれば、全く日もあります。

なんて、思ってないかな?

今からでもビタ押しのコツを

掴めば来月には勝ち組になれちゃう!?

スロットのビタ押しの練習でコツをつかむ

Ⅰタイミング押しを極める

スロットのビタ押しの練習のコツを教えるスロット設定の紹介

タイミングが大事や

リールの一回転に必要な時間は、

おおよそ0.78秒だとか。

おそらくメーカーで若干異なりましたが、

その程度なんだ~ぐらいで

ビタ押しをする上でも、回るタイミングを

体で覚えることが大切!

ある程度の腕に覚えのある

スロッターなら目をつぶっても

体内時計で一周のタイミングが

イメージできるはず!

とか言うてるやばい人もいるぜ

正直、こんな奴らと闘っているんだ

という覚悟が必要だということは

初めに言うておくねん

Ⅱ降りてくるリールを目で追いましょう

スロットのビタ押しの練習のコツを教えるスロット設定の紹介

見るとビタ押し

いくら直視といっても見てから

動作にはいったのでは間に合わねぇ。

見える前からボタンを押す指は

動作には入っており、

見えたタイミングから

リールの下までを直視するんだよな

まぁこの辺は感覚なわけで

できる連中でもその細かい感覚は

微妙に違うから、

そうなんだぐらいで!

Ⅱ-Ⅰ目標が上段では直視できない

直視するためには絵柄が

見えてから、止めたい場所で

ストップボタンを押す必要がある。

上段に目標する絵柄を

設定してしまうと、それは直視ではなく

タイミング押しになるんだよな。

きちんと見えて押していないと

成功率があがることはねえ。

7柄を上段にビタ押しする場合には、

2コマ下にあるやつを下段に

ビタ押しした方が『見てから押した』

という行為に近い作業になったと言えるんだ

Ⅱ-Ⅱ長い指で押したほうが押す直前にずらせる

『ビタ押しは人差し指、中指のほうが成功率が高い』

わたすの場合には上段から

降りてきた絵柄を目で追いながら

押すため、止める動作の間にも

”早い”とか”遅い”などがコンマ何秒で

発生するのを指先で微調整して押しているんだ

もともとは親指で押していたけど、

微調整が取りづらく関節の長い中指を

利用することで成功率が

格段に高くなっちまったぜえええ

押す動作に入ってから

第一関節の折り曲げで微調整する感覚な

この時点で、は?おんま何言ってんの?

の人はもう一度初めからゆっくりお読みください。笑

Ⅲメーカーによってストップと止まる位置が異なる

ある程度目押しのできる方なら

お分かりになると思うんだが、

機種のメーカーによってストップしてから、

リールが止まる位置が異なります。

まあ、これがスロットのむずいとこでも

あるんだけど、やりがいを生んでくれる

節でもあったりするんだな

たとえば、アルゼ・ユニバーサル系は

早めでも次のリールに

半コマ滑って止まっちまいやがる。

ところが山佐については、

1/3コマほど遅れて押した場合には

引き上げて上のコマでとまるんだなぁ

『あの機種ではビタ押しできたのに・・・』

と言うのはメーカーによって

有効範囲が違うと考えれば理解できるはできるんじゃねーか?

ま、一個の台ができたからって

他のやつができるわけじゃね

結構メーカー選びは大切なんだぜ

Ⅳ全てのホールに対応するのは諦める

すべて目押しできるなんて諦める

スロットには諦めも肝心

『あのホールは、座席が駄目!』

目押し全盛期の頃よく言ってたなぁ

あの頃は俺、何もかも見えたんだぜ

絵柄が見えるだけじゃね

日常生活のものすべてが遅く見えたさ。

一つみんなに言いたいのは

問題となるのは座席の高さなんだ

座席の高さによって、目線も

変わるため慣れていないと

成功率も変わってきやがる。

座席が低すぎる場合には、

背筋を伸ばせば対応できるんだが、

座席が高過ぎる場合には

ど~にもなんねー。

無理に調整すると、

それまでの感覚はズレてしまう。

目押しってのは感覚だ

できるやつは自分の目押しの感覚を

もっと研ぎ澄ませて、保つことに

意識を傾けねーといけねぇ。

わたすの場合には全てのホールに

対応することを諦めて、

自分にあったホールだけを

限定して実践していたな。

あとは、目のケアだ!

Ⅴ最終的にはプレッシャーとの闘いです!

そこまで考えなくても

ビタ押しなんて簡単だろ!

と思う方もいるだろうな。

最近の機種では失敗したところで

大きな損失はありませんでしたが、

当時の技術介入機

※たとえば『大花火』などは失敗したら

「5,000円損する」なんて

シーンもよくあったもんだぜ。

貧乏学生だった自分に

とっては大きなプレッシャーなわけだし

心臓バクバクで目押しを

したのは今でも忘れねぇさ。

ある程度『ビタ押し』が

上手くなると、常連のホールでも

知られた存在になり、ココぞという

目押しではギャラリーの視線が

気になるようになってくる。

ここで重要なのはもうメンタルとの戦いだ。

何度かの失敗を経験して、どんなシーンでも

失敗しないためには

『確実に見えているものを押す』

というシンプルなイメージを

実践することにした。

自分自身が機械になったつもりで、

とにかく繰り返すことで精度は

格段にあがったんだな、これが

今更こんな記事を書くと、

自分でも大袈裟だな~と感じているが、

当時は『緊張しすぎて押す手が震える・・!』

そんなスロットがあったことを思い出すぜ。

最初に言ったこと覚えているか?

狙った獲物を必ず仕留めるだ!

これは絵柄だけの話じゃね。

スロットとの勝負の話でもあるんだぜ

あんたは何となくスロットをしてへん?

今、スロットをしているおまえさん、

もしかしたら今日も

当たればいいなと思っていないか?
最近ついているから、

今日も当たるだろう、

なんて考えてないか?
一度でいい、お前らのお金が

ホールにいるどのやつに取られているか

考えて見渡してみな。

(あんまりうろうろキョロキョロを怒られるぞ)

ゲームでもアプリでもなんでもいいから、

とりあえず見続けることから始めな!

スロットでスロットビタ押しのコツを習得する練習

あなたはビタ押しプレイヤー?
目押しとは色々な要素が絡み合って巧くなるものなんだ
では色々な要素とは何か?
目押しに必要な能力のベスト3は
1位・・・リズム感
2位・・・動体視力
3位・・・慣れ(練習)
この3つだけだ!上記3つの能力に

長けていればリールの絵柄も

はっきり見えてビタ押しも95%以上できる!

プロで技術介入機を生業にして稼ぐ事も可能やな

趣味で打つとかボーナスが

揃えられる程度で必要なのは

少しの動体視力とリズム感だけだぜ

スロットのビタ押しのコツ

タイミング押しとはタイミングで

目押しをする方法のことな

つまりボーナス絵柄は見えるけど

スイカなどの小役が見えない時に

7の3コマ下にスイカがあったな・・・

ということは7を枠上に押せば

スイカが枠内に押せる、というような事だよ。

要は見える絵柄を基準にして早めに押すとか

遅めに押すなどして狙いたい絵柄を

止める方法直視とはリールの絵柄を

直接見て目押しをする方法だな

小役だろうとボーナス絵柄だろうと

その小役を直接見て絵柄を止める方法

正確には直視にも2種類あって

絵柄がはっきりと完全に

見えている直視と色などで

絵柄を見分ける色目押しがある。

スロットビタ押しの練習

スロットのビタ押しの練習のコツを教えるスロット設定の紹介

リールの見方

スロットを楽しむ場合などは

タイミング押しができれば充分やな

特に最近の台などは

目押しの重要性がどんどん

希薄になって来よるし、

ではどうすれば目押しが

できるようになるのか、上達するのか?

これははっきり言って

人それぞれなやねんな

俺の知ってる範囲だと、

スロットを打ったその日に

3コマ以内の目押しできてる人もおった

そいつは初日から1人で

ボーナス絵柄を余裕かまして揃えとった

3か月後ぐらいに久々あって

相変わらず、すごいなと声かけたら

正直目をつぶっても、いけますよって

言いよったから、それは嘘やろ?いうたら

ずっと僕の頭の中で回ってるんですって

まぁそうゆう輩を相手にしてるのかと

つくづく怖い世界やで

スロットのビタ押しができるようになるコツ

ビタ押しに関して

勘違いされていることがある

皆さんよく勘違いしてるねんけど、

初期の目押しで必要なのは

絵柄を見る動体視力じゃないねんな

スロットの7なんて慣れれば

誰にでも 見えるようになる

やから大事なのはリズム感で

あって動体視力なんて二の次や

ボーナス絵柄が揃えれない人は

リズム感が悪いだけ、俺に言わせれば

押せない人はがんばって絵柄を

見ようとしてるやろ?

それは間違いや、悪いこと言わんやめなその方法

ぼーっとでも色がわかるくらいに

絵柄を認識するだけでいいんやで

ここで見えなくても決して

筐体に近づかないように

リールというのは近づけば

近づくほど見づらくなる

やから少し離れて見て色が

わかる程度で充分なんよ

完璧に見える必要はまったくねぇ

あとはタイミングやな、やっぱり

リールというのはどの台でも

1周0.78秒という周期で回転しとる

このリールの周期を体で覚えな

7なら7を延々見て

今通った・・・・

通った・・・・

通った・・・・ のみたいな感じ

何度も言うけど大切なのはタイミング(リズム感です)

はじめは押そうとしなくてもいい

リールを眺めて1周の周期を

体に叩き込みまくれ、それだけや

目を瞑ってでも7が来る周期が

わかるようになればもうこっちのもん

あとはリールの絵柄を

見るのに慣れるだけの話や

どんな人でも慣れれば

ある程度までは見えるようになってきよる

ボーナス絵柄なら練習すれば

誰でも見えるようなる、天才なわけじゃないで

しかしやな、直視で絵柄を止める

これだけは才能が必要や

才能ある人は回ってるリール

見ながらリール配列言えよる

ダメな人は5年やってもスイカすら見えん

完全に才能の問題やねんな

練習ではどうにもならんから

あきらめるしかないんや

直視できなくてもなんら

困ることはないねん

小役もとれるしビタ押しも

問題なくできよるで

ボーナス絵柄が見えてればノー問題

誰でもスロットのビタ押しができる方法

誰にでもリールの絵柄が

はっきり見える方法を伝授ちゃうぜ

まず回っているリールを見るんだ

回っているリールを見ている

顔(目)の前40cmくらいに

ジャンケンのパーの状態の手を

指が水平になるようにかざすんだ

指の間から回ってるリールを覗く感じ

んでその手を上下に振ってみて

振ってる手の指の間から

リールを覗いて見てみるんだ

リールの絵柄がはっきりと見えるはず

すごいやろ?はっきりと見えるんだな

最後にスロットのビタ押しについて

最終的に一番いいのは、実践やな

何よりも本物の台でうち、

リズムを体に叩き込むことが一番重要

それが何よりもビタ押しが

うまくなる方法やねん、ぶっちゃけ

最近ではスマートフォンの

アプリでスロットがあり、そこで練習をする

という方法がある!ネット上ではとやかくいうやつが

いるけど、俺から言わせればできる努力はすべてやれ

アプリでさえ、見えないやつが実際のリールなんか

見えるわけない。慣れと実践が大事やから

とりあえず、足を運んで家ではアプリしな

俺負けているのになんであいつだけ勝っているんだ!っと思うことありませんか?その人はたぶん、勝ち方を知っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする