パチスロって儲かるの?その疑問に答えます

スロットが打ちたくてもお金が足りない!!そんな人には必見の情報!
パチスロって儲かるの?

パチスロは果たして儲かるのか?

「パチスロって儲かるんでしょうか?」

良くこの言葉を耳にする。

自分は初めは遊びで遊戯していたのだが、やはり負けると楽しくないし、性格柄ハマるとやたらと極めてしまう。

気付けばパチスロ歴も5年で、プロと言えるレベルに来て3年になる。

スロットで勝ったお金で投資などもしているが、はやり体感で感じられる楽しさはパチスロには勝てない。

自分はパチスロでしっかりと儲けた分類に入るが、実際に儲かる人の割合は遊戯人口の何割かご存知だろうか?

パチスロで儲けるのは一握り

パチスロで儲けることが出来ている人は遊戯人口のおよそ1割と言われている。

かなり少なく感じるが、実際パチスロの世界に足を踏み入れる敷居は低いので、しっかりと勝つことを意識してやっている人、遊びじゃない人の割合でみるとこの1割りもかなり変わってくると思う。

誰も初めから儲けることはできない

自分はパチスロを遊戯し始めて初めの1年半はマイナス収支でかなりの額を注ぎ込んでいた。

パチスロは自分の金奪い合いなので、やはり適当な知識じゃこのゲームに負けてしまい、カモにされてしまう。

パチスロでは知識をしっかりと付けて、自分の中にルールを決めておくことで勝てるのでは無いか。踏んでいる。

自分は負けを重ねるにつれて

何が何でも取り返したい。

極めたい。

という気持ちが強くなり、徹底的に調べることで2年目から勝つことが出来るようになった。

この徹底的も尋常じゃないレベルで調べて、分析したのだ。

正直これからパチスロで儲けようと考えている人に自分は勧めようとは思わない。

パチスロで楽して儲ける考えは捨てよう

パチスロをこよなく愛する人はパチスロを稼業にしても苦では無いかもしれないが、気軽に考えている人は一度考え直すべきだ。

自分は1年半もの間、負け続け、金額もかなり膨らみメンタル面でもダメージを受け、あの頃を思うと、うつ状態の様だった。

勝てるプレイヤーになる為に、夜にデータを見に行ったり、雑誌を読み漁ったり、インターネットの有料サイトに登録していち早く情報をつかめる状態にし、場数を重ねてようやく勝てるようになったのだ。

スロットが好きであれば、こんなことは屁でもないかもしれないがスロット好きでは無かった自分は中々勝てない時はかなり憂鬱な気分だった。

パチスロで稼ぐならパチプロ集団に入れ!

正直もし、自分が勝てない時に戻り「パチスロで何が何でも稼いでやる」という気持ちを持っているのであれば、間違いなくパチプロ集団の門を叩く。

パチプロ集団とは、パチンコを稼業とする人達のことで主にリーダーが居て、指定された台を打つ打ち子がいる集団のことである。

自分の友人にも、パチプロ集団で打ち子をやっていた奴がいるが、そいつは負けても、勝っても日当1万を貰っていた。

リーダーによる手厚いノウハウサポートも付き、さらに日当まで保証されているなんて、最高の環境だと思う。

パチスロで本気で勝って行くならば、まずは打ち子で立ち回りを学び独立するのが、一番安全な道と言えるだろう。

パチスロで儲けたいなら集団を作り上げろ

パチスロで本気でも儲けて行きたいのであれば1人では限界がある。

実際自分は月の収支は平均的にみて50万程度低い時で40万、多ければ最高90万も達成したことがあるがこんな金額はまず平均になることはない。

パチスロに次ぎこめる時間なども関係するが、一人だとせいぜい50万~70万が平均値の限界だろう。

本気で大きく儲けたいのであれば、自分が親玉になって

打ち子を集めて自分の指定した台を打たせることが良いだろう。

もうここまで行けば組織化をして、収益も上げているので会社の様な感じだ。

このレベルまで行けば自分の手取りは100万も楽勝にいくし、知人のパチプロ集団の親玉は月に200万ほど取っていると言っていた。

このレベルまで行けば大儲けすることが出来るだろう。

まとめ

パチスロって儲かるの?簡単には儲けることは出来ない!

楽して儲けることは出来ないが、儲けることは出来る

いかがだったろう。

パチスロで稼いでいくには、かなりの時間と労力を次ぎこまないといけない上に、忍耐も必要なのだ。

しかもワンマンプレイヤーだとそんなに大きく儲けるこは出来ない。

組織化するのであれば別だが、組織化すると気楽さは無くなるだろうし、やはり楽して稼げるものではないのだ。

これからどんどん規制も厳しくなり、パチスロ1本で稼いでいくことはより難しくなるに違いない。

【結論】

『儲けることは可能だが、安易な気持ちでパチスロで儲けることは出来ない』

ということだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする