押忍!番長3のベルゾーン狙いで台選び

押忍!番長3のベルゾーン狙いで勝つ!

押忍!番長3のベルゾーン狙いで台選び

押忍!番長3の考察

今回4日間に渡りベルゾーン狙いだけを

するという武者修行をしてきました。

結果は112本うち、4026枚負けました。

約8万円ぐらいの負けですね笑

笑えないですけど、

今回はベルゾーン狙いだけをすると

どうなるのかという実証実験でした。

今回ベル狙い112本から見えたものを

書いていきたいと思います。

↓ベルゾーン実証実験結果↓

押忍!番長3はベルゾーン狙いで勝てるのか?気になるところを実践検証!

押忍!番長3ベルゾーンの解説と考察

3日目までは数本勝ったものの

合計を見ると見るも無残な惨敗

全体的に勝てなければですよね

最終日のみ収支でプラスになったものの

知れている勝利であり快勝といったわけでは

ありません。

今回実際データをとり実践することで

ベルゾーン狙いのみで簡単に勝つのは難しいという

ことは確実にわかりました

しかし、実際にすべてのデータを詳しく見てみると

ゾーンの1~7回は基本的に弱い上に

15~17回もあまり変わらないという悲惨な

事実が見えだしました。

それとは逆に30~32回に関しては対決発展率が

57%とかなりの高い数値をたたき出しました。

つまり、1~7回、15~17回は狙うこと自体は

悪くないですといったぐらいですが、

30~32回は打った方がいいです!といった感じです

現時点でベル回数に関する内部振り分けが

完全に明らかになっているわけではないが

30~32回は明らかに強い引きがあるといって

間違いはないと思います。

押忍!番長3ゾーン解析

押忍!番長3のベルゾーン狙い

ベルゾーン狙いは有効か?

ゾーン別の対決当選率

対決カウンター 対決当選率
1~7回 26.3%(99件)
15~17回 29.5%(44件)
30~32回 57.1%(14件)
45~47回 33.3%(3件)
55回以上 100%(1件)

1~7回、15~17回のゾーンはそんなに低くない

といったところです。打っても打たなくてもいいのでは

といったぐらいのスタンスです。

30~32回のゾーンはかなり狙い目です。

このゾーン5回転前からでも狙いにいった方が

いいレベルだと思います。

1~7回のゾーンは通常A・B・チャンスからの

対決連移行率は高めで対決連からの対決連

ループ率は低めという特徴を理解したうえで狙う

のはぜんぜんありだと思います。

対決&ARTの各数値

実践の各数値

対決当選率 42.0%(47/112)
ART当選率 15.2%(17/112)
対決の勝率 21.7%(18/83)
ART平均獲得枚数 297.2枚(20件)

今回の対決の勝率は21%とかなり弱かったと言えます。

つまり、この実証実験は少し運がなかったと・・・

だいたい30%ぐらいは対決で勝てると思うので

そうなってくるともう少しメダルは出るのではないでしょうか

ベルゾーン狙いの収支計算

トータル差枚数 -4026枚
平均差枚数 -35.9枚

ゾーン狙いによって生まれたのは

8万円以上の負けです。厳しいです

今回に関しては引きが弱すぎます

出玉の出る量が少なすぎました。

ART1回の平均枚数はだいたい400枚以上

がよくあるパターンなことを考えると

297.2枚という数字は非常に

負けても仕方のない数字だと思います

112本のうち一度でも大連チャンを引くことが

できれば絶対にもっと収支のマイナスは抑えらえました

ベルゾーンの有効性はかなりあると思います!