押忍番長3勝てる台選び~通常時の解析~

スロットが打ちたくてもお金が足りない!!そんな人には必見の情報!

押忍番長3の通常時を解析

押忍番長3の台選びと解析

押忍番長3

押忍番長3の基本情報

設定1~6
超番長ボーナス(単独) 1/65536.0
超番長ボーナス+強弁当箱 1/65536.0
チェリー 1/128.5
チャンスチェリー 1/21845.3~1/4096.0
チャンス目 1/819.2
チャンス目リプレイ 1/499.4
弁当箱 1/83.4
共通ベルA 1/52.9~1/45.8
共通ベルB 1/103.4~1/91.5
共通ベルC 1/152.4~1/123.7
リプレイ 1/7.5
MB 1/14.1
押し順ベル 1/4.7~1/4.8
通常ベル 1/16.6~1/16.7
押し順リプレイ 1/1.7

MB中・小役確率(解析値)

設定1~6 ART中
超番長ボーナス 1/32768.0
ベルA 1/1.2 1/11
ベルB 1/1586.9~1562.0 1/19.3
チェリー 1/7.4
チャンス目 1/4497.6 1/54.6

押忍番は『ベルゲー』と言われるほどベルの引きが重要です!!そして、ベルの引きが最も重要になるのは『対決時』です!ネットや雑誌を読んだことがある人は対決の勝利を見てがっくりしたことがあるかと思いますが、実際やってみるとそれ以上に勝率は低い気がします

小役で対決を引いて勝てばARTが攻略

押忍番長3は対決からすべてが始まると

いっても過言ではありません

対決に勝てばARTに突入するので

小役で対決を引くことが何よりも

重要なことだと思います。

対決の契機は主に2種類!

①規定ベル回数に到達

②チャンス役成立時に当選

※通常時にBBに当選した場合も

対決を経由します(ハズレ成立時に抽選)

ART当選ルートは主に2つあります。

規定のベル回数に当選して対決に

勝利するか、あるいはチャンス役成立時の

抽選をクリア→対決発展で勝利のいずれかで

となります。いずれにしても対決での勝利が

条件となりますが、対決中は小役で結果の

書き換え抽選が行われます。

①規定ベル回数に到達

最低でも64回ベルを引けば対決に

発展する仕組みになっています。

リール右の対決カウンターに

ベルを獲得した回数を表示されます

下にも数値もあるのですが

これは天井までのベル回数の

カウントとなっています。

ベルで対決に当選すると

モード移行抽選となります。

押忍番は『ベルゲー』と言われるほどベルの引きが重要です!!そして、ベルの引きが最も重要になるのは『対決時』です!ネットや雑誌を読んだことがある人は対決の勝利を見てがっくりしたことがあるかと思いますが、実際やってみるとそれ以上に勝率は低い気がします

移行先のモードを参照して次回の

規定ベル回数が決まってきます。

②チャンス役成立時に当選

成立役と滞在状態によって

対決当選率が変化していきます。

チャンス役からの対決では

対決カウンターがリセットされません

カウンターを見ていると

対決の契機がほぼわかります

チャンス役での対決当選時は

モード移行抽選が行われません

チャンス役での対決は

引けば引くほどおいしいですよ

押忍番長3の通常時のモード移行率を大公開!通常時からどれぐらいの確率でモード移行が行われるかを知っていますか?