押忍番長3の設定~モード移行率~

スロットが打ちたくてもお金が足りない!!そんな人には必見の情報!

通常時のモード移行率に設定差がある

押忍番長3の設定

通常時のモード移行率

こんにちは

本日は大人気台の押忍番長3の

通常時のモード移行率に関する設定差を

解析していきたいと思います。

押忍番長3の4種類のモード

①通常A

基本となるモードですね。この状態だと

基本的にモード移行を待つのが定石ですね

深いところが選ばれやすい?なんて噂もあります

②通常B

通常Aよりも浅いと言われています。

通常Aよりも天井値が低いです

かといってすごい期待ができるわけでも

ないと思いますが、通常Aよりは

規定ベル回数にも期待ができますし

ゾーンも通常Aよりも多いですね

通常Aよりはましなモードです

③チャンス

90%以上は32回以内を選択します

ゾーンがとてもあついモードです

④対決連チャン

規定ベル回数は7回以内と

なっています。非常においしいモード

というところですね。約60%は6回以内と

とりあえず、対決に発展するので

その後に当選しやすいので

非常に狙い目であることは間違いないです

対決連チャン入っているのに

離れるのはナンセンスです。

押忍番長3の設定ごとの特徴

奇数設定

対決連&チャンスに移行はしずらいです。

その代り対決連のループ率は優遇される

ので入ると大きいですね

奇数設定の中でも対決連ループ率が

最も高いのは設定5です

偶数設定

対決連&チャンスに移行がしやすい設定です

ただ、対決連のループが非常に確率が

低いので一度の対決に勝つことが大切ですね

比較的、通常Aに移行しづらいと言われています

設定6

常に60%超えで対決連orチャンスに移行する

という設定なっています。なので、

入りだすと、えぐいことになりますね。

設定6はベル回数33回以上が選ばれづらいです

選ばれたベルの回数を把握する

内部モードは通常A、通常B、チャンス

対決連ちゃんの計4種類があり、

対決発展を機に各モード間を移行しています

もちろん、ここには設定差があり

設定の工程や奇数or偶数で傾向が変化します

設定6は早めに対決が選ばれやすくなります。

押忍番長3のゾーン台を選ぶ方法

スロット台の勝てる方法!