北斗の拳修羅の国の通常時打ち方・モード移行率

スロットが打ちたくてもお金が足りない!!そんな人には必見の情報!

北斗の拳修羅の国~通常ステージ~

前作と同じ、モードUPが重要視され、ART当選という流れが主なゲーム性であり

前作の【北斗の拳強敵】と同じ感覚で打ってもらうのがベターである。

今作もやはり中段チェリーが出現したら激アツである。低確ステージor通常ステージで25%、高確中なら確定でARTに突入する。レア役で前兆移行となる。

今回の修羅の国ではボーナス(純)搭載されているので、BONUSからの ART突入もする方法もある

修羅の国編でのステージは4つに分けられており(低確、通常、高確、前兆)振り分けられている。

カイゼル、カイオウステージは前兆がものすごく絡んでいるためアツい

・ステージ別期待度示唆

              ART期待度
         ステージ   高確
       カイオウステージ    ↑
       カイゼルステージ    ↑
       ヒョウステージ   通常
       ハンステージ   

北斗の拳修羅の国の通常時打ち方・モード移行率・北斗カウンターについて

北斗の拳修羅の国のモード期待度

レア役を引けばモードUPチャンス‼︎ 強いチャンス目が成立時はモードアップが確定となる

リプレイでしか転落抽選は行われないので注意‼︎

      小役   モード移行期待度
    強チャンス目      
    強スイカ      ↑
    中段チェリー      ↑
    弱スイカ      ↑
    チャンス目      ↑
    角チェリー      

基本的には高いレア役から期待度が増します。

高確ステージなので、強いレア役成立はART突入の大チャンスなので前兆否定までヤメないようにしましょう、

修羅の国編でも北斗カウンターは健在‼︎

カウンター点灯が本前兆に期待できるチャンス‼︎

カウンターが点灯し、回数が消化中に同じレア役を引いた場合、カウンターがリセットされ

32に戻り、表示形式が変わる、これを繰り返すことで高確以上が確定‼︎