バジリスク絆テーブル攻略!

スロットが打ちたくてもお金が足りない!!そんな人には必見の情報!

バジリスク絆テーブルについて

大人気機種『バジリスク絆』通称 絆の呼び名でファンが多いこの機種

このバジリスク絆のテーブルについて解析していきたいと思います。

バジリスク絆で重要な要素として一つとして【テーブル】というものが

あります。基本的にはテーブルをA~Zで良いテーブルが高設定ほど選択され移行する率が高くなり

AT初当たりが良くなります。 一方で悪い方が低設定の可能性が高くなります。

そんな大人気バジリスク絆のテーブルについて解析していきます。

ハイエナの場合、源之助、朧、天膳があるが朧BCで月確認で次回モード要確認‼︎この機種には朧BCで月判別ができるため次回以降のモードC【半月】なら続行した方がいいでしょう。

テーブルの仕組みと移行

先ほど説明した通りバジリスク絆にはテーブルが存在します。

テーブルは表の通り

テーブル 【A~M】

バジリスク絆テーブルA〜M

【N〜Z】

バジリスク絆テーブルN〜Z

『バジリスク絆のテーブルを表にしたものです』

各テーブルにモードDと書いてあるテーブルは各天井に指定されており

次回AT当選確定となっています

テーブル種類はA~Zの16種類あり、

低設定ほど厳しいテーブルが選択される率が高く結果として状況が悪いようになります。

一方、高設定は逆で良いテーブルに移行します。

一番厳しいテーブルで(モードN)このテーブルに捕まると厳しい展開です

モードNとはモードが全部Aで回るためATの当選が非常に厳しいテーブルです

確認方法はBC当選時、朧を選んで月を確認することです。

5.6回目でモード確認のために朧を選択してみて(半月)が出たら可能性は出てきます。

月の確認は重要要素➕次回の続行するかの一つのポイントになりますので

AT当選確定以外は朧選択の方が効率が良いのではないと思います。

モードNの場合、次回テーブルがYorZ 1発で当選するというお得が付いていることも事実です。モードDorEに行くのですごくおいしいこともあります。

朧で月を確認終了画面で【半月】が出たら続行です。

モードC以上が確定しているため、次回からのモードがC以上か、チャンス目などで上がる可能性が高くなるのです。

2.4.6目の月確認で【赤満月】が出たらテーブルV.W.Xの3つに確定です。

V.W.Xのからのテーブル移行率は【Y.38.3%   Z5.5%】です。

天井一回、もしくわYに回っている場合もありますので月確認を忘れないようにしましょう。

俺負けているのになんであいつだけ勝っているんだ!っと思うことありませんか?その人はたぶん、勝ち方を知っています。

通常、バジリスク絆はAT当選率と状態移行率に影響されるモードが存在します。

・モードA

・モードB

・モードC

・モードD

・モードE

と5つのモードが存在しておりモードによってBC確定時、バジリスクタイム『AT』当選時が優遇され、モードD以上でAT確定です

テーブルのモード昇格

バジリスク絆ではモードDに近づくほどAT当選の確率が上がると説明しました。そのモード昇格に欠かせない『チャンス目』通常時、は主にチャンス目でのモードの昇格抽選を行っています。

出典 https://xn--zckp1cyg736no

画像のように中リールの中段に『』が止まれば『チャンス目』という形になります。

昇格時、モードはBC当選時まで落ちることはないので安心してください。

モードEに滞在している時は昇格抽選はないので注意‼︎

設定別チャンス目昇格抽選確率

モードの昇格率は設定によって変わってきます。

低設定・高設定でモード滞在時の当選率は変わってきます。

モードA滞在時
設定 Bへの移行 Cへの移行 Dへの移行 Eへの移行 トータル
1 30.52% 2.75% 0.06% 0.01% 33.33%
2 31.36% 3.05% 34.48%
3 33.61% 3.36% 37.04%
4 36.23% 3.66% 0.09% 40.00%
5 39.40% 3.97% 43.48%
6 45.78% 4.12% 50.00%

モードB滞在時
設定 Cへの移行 Dへの移行 Eへの移行 トータル
1 30.52% 2.75% 0.07% 33.33%
2 31.36% 3.05% 34.48%
3 32.29% 3.36% 35.71%
4 36.23% 3.66% 0.10% 40.00%
5 39.40% 3.97% 43.48%
6 45.78% 4.12% 50.00%

モードC滞在時
設定 Dへの移行 Eへの移行 トータル
30.52% 2.81% 33.33%
31.36% 3.12% 34.48%
32.29% 3.42% 35.71%
36.23% 3.77% 40.00%
39.40% 4.07% 43.48%
45.78% 4.22% 50.00%

モードD滞在時
設定 Eへの移行
1 33.33%
2 34.48%
3 35.71%
4 40.00%
5 43.48%
6 50.00%

通常時のモード昇格抽選は常に行なっていますが

チャンス目以外での昇格もありますが確率としてはすごく薄い確率なので

初心者の方は『チャンス目』からモード昇格の見極めに目を向けた方が良いでしょう。先ほども述べましたが

モードの昇格はBC成立まで落ちることはありません

チャンス目以外からの昇格確率

モード昇格抽選
設定 モードUP
1 0.05%
2
3 0.07%
4 0.08%
5 0.09%
6 0.10%

モード別移行確率『状態』

高確移行確率
モード 期待度
A
B
C
D
E

高確以上でAT期待度大

モードがDorEは関係なくAT確定

モード 低確 高確
A
B
C
D 確定 確定
E

AT終了後のテーブル選択抽選

バジリスクタイム終了後は設定にもよりますがテーブルの選択は

今まで回ってきたテーブルを参照して次回のテーブルを決定

設定が良いほどテーブル移行が良くバジリスクタイム『AT』に突入しやすい‼︎

テーブル別の特徴

・A〜Jテーブル 下位テーブルに移行しやすい
・K~Mテーブル 次回テーブルK以上に移行
・テーブルN 次回テーブルYorZに移行確定
・テーブルO~U モードB以上に合いやすい

天井も9回と優遇

・テーブルV・W・X 天井が7・5・3回と少なく

テーブルY・Zに移行しやすい

・テーブルY・Z 前者はモードD 

後者はモードE確定

一発でAT確定‼︎‼︎

変更時モード・テーブル移行確率

変更時振り分け
モード 設定1
A 41.5% 40.5% 42.1%
B 25.5% 26.3% 25.1%
C 25.0% 25.2% 24.8%
D 7.0% 7.0% 7.0%
E 1.0% 1.0% 1.0%

モード 設定4
A 41.1% 42.7% 41.7%
B 25.9% 24.7% 25.5%
C 25.0% 24.6% 24.8%
D 7.0% 7.0% 7.0%
E 1.0% 1.0% 1.0%

設定変更時のテーブル移行
テーブル 設定1
A 6.49% 7.08% 6.31%
B 6.50% 7.1% 6.3%
C
D
E
F
G
H 3.00% 3.60% 3.00%
I
J
K 2.00% 2.00% 2.00%
L
M
N 4.50% 3.50% 4.90%
O 1.50% 1.00% 1.60%
P 3.50% 3.00% 3.60%
Q 7.50% 7.00% 7.60%
R 2.50% 2.00% 2.60%
S 4.50% 4.00% 4.60%
T 1.00% 0.50% 1.10%
U 2.00% 1.50% 2.10%
V 1.50% 1.00% 1.60%
W
X
Y 7.00% 7.00% 7.00%
Z 1.00% 1.00% 1.00%

テーブル 設定4
A 6.90% 6.10% 6,70%
B
C
D
E
F
G
H 3.60% 3.00% 3.60%
I
J
K 2.00% 2.00% 2.00%
L
M
N 3.90% 5.30% 4.30%
O 1.10% 1.70% 1.20%
P 3.10% 3.70% 3.20%
Q 7.10% 7.70% 7.20%
R 2.10% 2.70% 2.20%
S 4.10% 4.70% 4.20%
T 0.60% 1.20% 0.70%
U 1.60% 2.20% 1.70%
V 1.10% 1.70% 1.20%
W
X
Y 7.00% 7.00% 7.00%
Z 1.00% 1.00% 1.00%

このようにテーブルと設定によって確率というものは変わってきます。

非常に細かい部分ですので全てを覚えるのは難しいと思いますが

頭に入れておくことでひとつの要素になるかもしれませんので

覚えておくと良いでしょう。

モードC示唆演出&確定

★朧で月確認半月

画像引用元 http://2-9densetsu.com

★伊賀鍔隠れステージ開始➕低確スタート

画像引用元 https://pachiseven.jp/machines

★源之助カットインでBCに当選しない場合

※C確定とも言われているがこれはあくまでも

示唆なので確定とは勘違いしないようにしよう

画像引用元 https://shiva-slot.com/

★朧カットインでBC非当選モードC確定

画像引用元 https://shiva-slot.com/

モードC示唆以上の演出

・リールに7図柄停止『非前兆中』

・柳生宗矩にセリフ『非前兆中』

・5G超高確頻出

・弱レア役からの発展頻出

・人別帖演出で朧『まだまだでございます』

・源之助BCで100人スタート

・リール再始動『縦に回転する』

・赤墨弾正屋敷

※赤弾正屋敷

超高確➕BC本前兆の可能性大

※源之助BC100人スタートは

モードC➕超高確での当選濃厚or確定

と言われていますが低確・高確での当選振り分けもあるので注意‼︎

リール停止で再度リールが『縦回転』はモードC示唆期待度約40%程度

先ほど述べたメイン所となる演出は高確移行や弾正屋敷に移行するパターンになってきます。その他の演出で確認できたらおいしい‼︎ぐらいにしといてください毎回C確認できるものではないですので。

※モードCに滞在している場合高確・超高確に上がる確率は高いため

演出上で高確・超高確の演出が多くなる可能性は多い。

モードが上がりやすく示唆など一つの見分けるポイントになるのではないでしょうか。

しかし、複数の示唆が必要となってモードが判明してきます

一つの要素に頼らず総合的に自身が遊技していて見分ける精度を上げていくことをオススメします。あくまでこれは参考程度ですので、、、。

狙えるテーブルN‼︎‼︎

先ほど述べたテーブルことは理解できましたでしょうか

期待値が十分狙える台と言えるのがテーブルN

0スルーから打つと心が耐えれなくなるのがモードN

何故モードNがこんなにしんどいと言うかは

モードAで朧で回るからです。

簡単に言うと11回の天井まで引っ張られる可能性が大‼︎‼︎

チャンス目などでモードが上がって当たる可能性もあります

こんなしんどいモードNにも先ほど説明した通り次回テーブルYorZに移行確定

しているので非常に狙いたい台です。

まずはしっかりとモードNかテーブルを見ること情報はとても大切なので

友人・自身の目で確認することが一番どこのテーブルを回っているのか推測

するには良いでしょう。

モードNは投資とメンタルが同時やられるケースが多いです。

しかし一発で入るメリットもありますのでそのテーブルにあった際は

最後まで粘ることをお勧めします。

良いテーブルに振り分けられるので大量出玉に期待できるかもしれません

テーブル移行から見る狙える台絞り方

バジリスク絆は設定変更時、設定に関係なくテーブル優遇がされています。

テーブル移行=簡単に述べると0G時点での初回モードを決めると言ったところでしょうか。

・テーブルの重要な部分

・設定変更時は設定が関係なく優遇されることがある。

・ループ性がある、例えばモードCの示唆確認後、その後の月がモードCなどが続くことがあれば良い要素。

要約すれば、モードC確認後、次回モードCの可能性が高いということが言えます。

朧BCで半月が出る『モードC』確認はATを当てるまで打つことをオススメします。

それ以外の要素で良い部分があればテーブルが良い所をループしているので=高設定

が見えてくるのではないでしょうか。

※テーブルゲームですので高設定でもスルーするテーブルもあります。

設定変更時のモード移行率

設定 A B C D E
1 41.5% 25.5% 25.5% 7.0% 1.0%
2 40.5% 26.3% 25.2% 7.0% 1.0%

朝一、バジリスク絆は29.1%で高確に移行します。

モードでも約33%との確率でモードCなので狙えるのではないでしょうか。

高確移行は計算上では3.40台に一台の確率の確率ですので朝一カニ歩きするのも一つの手でもあります。

朝一にフェイク前兆がないのでこれが生きてきます。

このような事を入れておく事で色々な状況に置かれた時に最善の策を練ることができます。

テーブルの知識を持っておくことでバジリスク絆がもっと面白く感じるのではないでしょうか。

ライター✑パチ造 スロットで勝ったお金をどうしてる? スロッ...