パチスロの「AT」「ART」「Aタイプ」とは?違いを解説!

パチスロの「AT」「ART」「Aタイプ」とは?違いを解説!

パチスロの「AT」「ART」「Aタイプ」とは?

初心者の方がネットでパチスロの情報を調べていると必ずと言っていい程どの記事でも目にする言葉

・ART

・AT

・Aタイプ

これらはいったい何なのか?違いはあるのか?

自分も初心者だった頃このよく分からない言葉に頭が「???」だらけだったのを覚えている。

これらは台のシステムである為打ち手にとってそんなに重要なことではないかもしれない、が理解しておくことで色々な情報をもっとわかりやくす読むことができると思うので覚えておく方が良いだろう。

では早速・・・

パチスロで聞くARTとは

パチスロの「AT」「ART」「Aタイプ」とは?ARTを解説!

パチスロのARTについて

ARTというのは 「アシストリプレイタイム」の略で

A ベルの押し順ナビ(アシスト)

R リプレイの確率UP

T 時間

という意味の総称でつまり「リプレイをアシストしてくれる時間」のこと!

意味が中々伝わりにくいと思うので、、、

つまり、通常時(デフォルト)に比べるとリプレイの確率が大幅に上がり、メダルを消化すること無く、さらにベルナビの出現も多くメダルを増やしていきながらプレイできるシステムのことなのだ。

パチスロで聞くATとは

パチスロのATについて解説!

パチスロのATについて

ATとはARTの「R」がないバージョン。

つまり「アシストタイム」

Rはリプレイ

だったので、リプレイが無く、通常時も、AT時もリプレイの確率に変動が無いということだ。

ATとARTを比べると、なんだか「ART」の方が良さそうだが決してそうでは無い。

実はAT機はリプレイの確率に変動が無いだけで、通常時もリプレイは揃いまくる。

しかし通常時にはベルナビが無いので、それぞれ良いところもあり、よく無いところもあるという感じだ。

パチスロで聞くAタイプとは

パチスロの「AT」「ART」「Aタイプ」とは?違いを解説!

パチスロのAタイプについて

これはARTやATなどの複雑なシステムとは違い単純でパターンのシステム。

Aタイプには

・通常時(デフォルト)

・ボーナス待機

・ボーナス中

の3つのパターンをサイクルするだけ。

なのでいかにこのサイクルの中で多くボーナスを勝ち取れるかが勝敗を握っている単純なゲームなのだ。

AT , ART , Aパターン のまとめ

これら3つの種類について説明したが、台も様々、多種多様なので説明した内容が全てでは無いことを理解してほしい。

それぞれについて理解できなかった人も居るかもしれないが、冒頭に記載した通り、この3つの種類を理解していなかったとしてもプレイに支障は無い。

覚えておいたほうが得なだけなのでわからなくても心配無用!

パチスロの「AT」「ART」「Aタイプ」とは?

ART AT Aパターンを理解できなくても大丈夫!

以上AT ART Aパターンについてでした!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする