ブラックジャックの基本ルールと遊び方

ブラックジャックのルール・遊び方今回は、カジノの中でもトップクラスに人気のゲーム、ブラックジャックのルールや遊び方について詳しく解説していきたいと思います。
これから、オンラインカジノや本場のカジノなどでブラックジャックで遊びたいと思っている方には必見の記事となっております。

ブラックジャックとは

カジノのゲームの1つとして有名なブラックジャックを1度はトランプで実際に遊んだ人も多いと思います。
しかし、実はブラックジャックの正式なルールをしっかりと理解している人は少ないと思います。
まずは、ブラックジャックのルール、遊び方を早速解説していきます。

ブラックジャックのルール・遊び方

まずは、基本的なルールから解説していきます。
ブラックジャックで使用するトランプのカードは、ジョーカーを除いた52枚のカードでプレイをします。
配られたカードの合計の数字が21点。
もしくは21点により近い数字の方が勝ちとなるゲームです。
勝負をするのは、ディーラーとプレイヤーに分かれ、21に近い数字の方が勝利となります。
また、ブラックジャックの基本は上記でも解説した通り52枚のカード(1セットと呼ぶ)を使用しますが、オンラインカジノでプレイする場合は2セット〜5セットで使用するマルチハンドと呼ばれるタイプのものがあります。

カードの数え方

次はブラックジャックのカードの数え方について解説します。
ブラックジャックのカードの数え方は少し他のトランプゲームとは違い、10を含む絵札のカードは全て10として扱い数えられます。
Aを除く、それ以外のカードの数え方は数字通りに数えます。
また、Aは1としても11としても数える事ができます。

カードの数え方の例

  1. 最初に配られたカードがJと7の場合、合計の点数は17点となります。
  2. 最初に配られたカードがQとAの場合、合計の点数は11もしくは21となります。
  3. 配られたカードがA+10,J,Q,Kのどれかの場合は、合計点数は21のブラックジャックとなり、この形での21が1番最高の手札となります。

ブラックジャックで遊んだ時の勝敗の決まり方

上記では、ブラックジャックのルールについて詳しく解説しました。
では、次はブラックジャックで遊んだ時の勝敗の決まり方を詳しく解説していきたいと思います。

勝ちの場合

ブラックジャックで勝つ時は、配られたカードの合計点数が21を越さずに、21により近い役を作った方が勝ちとなります。
ブラックジャックは、プレイヤーがディーラーに勝つ事なので、ディーラーよりもより21に近い役を作ることが重要となります。

負けの場合

では、逆にブラックジャックで負けの時はカードの合計点数が21を超えてしまった場合は、バーストとなり負けとなってしまいます。
もし、プレイヤーとディーラーが両方ともバーストしてしまった場合は、ディーラーの勝ちとなります。
また、3枚以上のカードで21になった場合は2枚の21よりも弱いので3枚以上で21になってもディーラーが2枚で21になった場合は負けとなってしまいます。

引き分けの場合

ブラックジャックで引き分けの時はディーラーとプレイヤーの役が同じ点数だった場合は、引き分けとなります。
(両方ともバーストの場合は引き分けではなくディーラーの勝ちとなります)

ブラックジャックの配当

上記では、ブラックジャックの勝敗の決め方について解説しました。
次はブラックジャックの配当について解説します。
ブラックジャックでディーラーに勝つと、役によって配当が付きます。
勝った場合、どのくらいの配当が付くのか詳しく解説していきます。
尚、ディーラーに負けた場合は賭けた金額を全額失うことになります。

ブラックジャックで勝った場合

最初に配られたカードがA+10or絵札の役で勝利した場合、配当は1.5倍となります。
例えば、1000円賭けて勝った場合、賭け金を含めた2500円が払い戻しされます。

ブラックジャック以外で勝利した場合

カードの合計数が21でなかったが、ディーラーよりも21に近い役で勝利した場合の配当は1倍となります。
例えば、1000円賭けて勝った場合、賭け金を含めた2000が払い戻しされます。

引き分けの場合

ブラックジャックで引き分けた場合は、賭けた金額が払い戻しされます。

ブラックジャックのプレイヤー限定ルール

ブラックジャックには、プレイヤーだけが使うことのできるルールが主に9つあります。
次は、そのルールについて解説します。

ヒット

役に更に1枚のカードを追加すること

スタンド

カードの追加をストップし、手元にあるカードで勝負すること

ダブルダウン

賭けた金額を更に倍の金額にし、3枚目のカードを引くこと

ダブルダウンについて詳しくはコチラ!

スイッチ

スイッチはブラックジャックの種類の1つ、ブラックジャックスワップやブラックジャックスイッチなどで使用できる特殊なルールです。
手持ちのカード2枚を使用し、スイッチを行うことでお互いのカードを交換することができます。

スプリット

スプリットは、最初に配られた2枚のカードが同じ点数だった場合に使用できるルールです。
スプリットをするとハンドを2つに分割し、それぞれのハンドに対して追加のカードを引くことができます。

スプリットについて詳しくはコチラ!

サレンダー

サレンダーとは、最初に配られた2枚のカードの時点で、プレイヤーが自ら負けを認めることを言います。サレンダーした場合には、ゲームに賭けた金額の半分が戻ってきます。

サレンダーについて詳しくはコチラ!

インシュランス

ディーラー側に配られたカードの表向きカード(1枚目のカード)が「A」だった場合、ディーラーがブラックジャックになるかどうかに対して、最初の賭け金の半額で賭けをすることができます。

インシュランスについて詳しくはコチラ!

イーブンマネー

イーブンマネーはインシュランスと似ています。ディーラー側に配られたカードの表向きカード(1枚目のカード)が「A」。そして、プレイヤーが21(ブラックジャック)の役が成立していた場合に使用します。
イーブンマネーも最初の賭け金の半額で、ディーラーがブラックジャックになるかどうかに対して賭けることが可能です。

プレミアムルール

ブラックジャックの種類の1つスパニッシュブラックジャックでは、通常のブラックジャックにはない高配当な金額を獲得することも可能です。

ディーラー限定ルール

上記では、プレイヤー限定ルールを解説しました。
次は、ディーラー限定ルールについて解説します。

17以上になるまでヒット

ディーラーは自分の手持ちのカードの合計数が「17」以上になるまでヒットし続けなければいけません。

17以上になったらスタンド

ディーラーは自分の手持ちのカードの合計数が「17」以上になったらスタンドしなければいけません。

オンラインカジノで気軽にブラックジャックを楽しもう

今回は、ブラックジャックのルールや遊び方について詳しく解説しました。
実際のランドカジノでプレイする事は難しいですが、オンラインカジノなら気軽にプレイする事ができます。
ブラックジャックは初心者でも楽しめるゲームです。
是非、オンラインカジノでブラックジャックをプレイしてみて下さい。