最終更新日:

ブラックジャックの「サレンダー」についてOnline Casino Surrender

ブラックジャックの「サレンダー」について

カジノで代表的なゲームであるブラックジャックは、とてもシンプルなルールですが、様々な戦略を用いて勝率を高めることができます。

ここでは、ブラックジャックをプレイする時に使える「サレンダー」について詳しくみてみましょう。

この記事のもくじ - Page Contents -

  1. オンラインカジノゲームで人気のブラックジャック
    1. ブラックジャックは運だけではない
  2. ブラックジャックの負けを認めるサレンダーとは?
    1. サレンダーの正しい使うべきタイミング
    2. サレンダーを使うのは4つのパターンだけ
  3. サレンダーが使えないカジノも存在する
    1. サレンダーが使えないカジノとは?
  4. サレンダーで負けを認めることで勝利を掴む

オンラインカジノゲームで人気のブラックジャック

オンライカジノでも有名なブラックジャックとは、カードゲームでプレイヤー(あなた)とディーラーにカードが配られて21に近い数字を出すと勝ちというゲームです。

これだけ聞くと完全運のように聞こえますがルールがいくつかあり、そのルールがあるので運だけでは無く勝率を割り出すことで可能なのです。

ブラックジャックは運だけではない

ブラックジャックは細かなルールを見るとわかりますが、最終的にプレイヤーが最後に追加するのかしないかで勝負が大きく変わります。

例えば自分のカードが17以上なら追加でカードを引くとバーストする可能性が上がりますし、逆に11以下なら何を引いてもバーストはしないので必ずヒットした方がいい、など勝率を上げることが可能になるので面白いです。

ブラックジャックの負けを認めるサレンダーとは?

サレンダーは負けを認める代わりに賭けたチップの半分を返してもらうブラックジャックの戦略の一つです。

基本的にブラックジャックは1回負けたらその時点で終わりではなく、何度も勝負をするので負けると判断できるなら諦めも肝心で、最低限のリスクに抑えて危機を回避するのも重要になります。

サレンダーの正しい使うべきタイミング

単純な話ですが自分の手札が非常に弱くタイミングで、ディーラーのカードが非常に強い時が使うべきタイミングです。

ですがブラックジャックは基本的には確率のゲームなので、簡単に負けを認めて半分とられてしまうのはリスクとなりますので、タイミングを考えて使うようにしましょう。

サレンダーを使うのは4つのパターンだけ

ブラックジャックの負けを認める行為であるサレンダーを使うタイミングは4つのパターンだけなので覚えておきましょう。

まず大前提として覚えておかないといけないのは全ての条件に当てはまるのは自分の手札にA(エース)がないことが決定している場合です。

  • ① 自分の手札が15-ディーラーのアップカードが10の場合
  • ② 自分の手札が16-ディーラーのアップカードが9の場合
  • ③ 自分の手札が16-ディーラーのアップカードが10の場合
  • ④ 自分の手札が16-ディーラーのアップカードA(エース)の場合

このように自分が3枚引いた合計が限りなくバーストしてしまい、かつディーラーはバストの可能性が低い状態であれば、サレンダーを使えば、負けた時のリスクを最小限にすることが可能になります。

サレンダーが使えないカジノも存在する

サレンダーとは勝負が完全に決まっていない状態で、降参を認める代わりに賭け金を半分にする方法ですが、中にはサレンダーが使えないケースもあります。

サレンダーが使えないカジノとは?

例えばディーラーのオープンカードがA(エース)の時はサレンダーを宣言することができないというカジノは存在するので覚えておきましょう。

無条件でサレンダーするケースもある

自分のカードが16だとしてディーラーのオープンカードがJだとしたら限りなくディーラーは20の可能性が高いのでサレンダーしましょう。

サレンダーで負けを認めることで勝利を掴む

ブラックジャックでサレンダーする事は負けることになりますが、そのサレンダーをする事で自分の持っているチップを守ることも可能になします。

最終的にチップが増えていれば何度でも挑戦できるので冷静になって使えるタイミングではサレンダーを使い勝利を掴み取りましょう。