スロットに勝っている1割だけが知る勝つ方法!勝ち方を徹底解説!

スロットに勝っている1割だけが知る勝つ方法!勝ち方を徹底解説!

必見!スロットの勝ち方まとめ!

必見!スロットの勝ち方まとめ!

スロットをやっている誰しもが思うこと。
それは「パチスロで勝ちたいけど、
どうしても勝てない」ということです。
という方々のために
パチスロについて調べあげた知識を共有していくサイトとなっています!

ぜひ、参考にしてみてください!

https://kushikatsu-oasis.com/pachislo/basilisk-kizuna/basilisk-kizuna-graph/

パチスロ・スロット実績

  • パチスロ歴5年
  • パチプロ歴3年
  • 累積収支+2000万円
  • 最低収支月+40万円
  • 平均収支額+50万円
  • 昨年度年収+612万円
  • 生涯最高収支月+124万円
  • 主な使用台、バジリスク絆

パチスロは、初めてから1年と半年経過時点で収支マイナスという結果でした。
そこから、これはまずい、と思い情報を集め始めました。
様々な台のデータ取ってるうちに2年目にさしかかっていました。
その頃からは収支一度もマイナスになったことがありませんでした。
私の手法は、基本的には期待値を主に追っていく手法です。
いわゆるハイエナ、天井狙いと呼ばれる手法を主にとっていました。
もちろん無駄打ちは一切しないように気をつけています。
期待値狙って外した場合は無理に追わず、その日は帰るというのをルールとして徹底しました。

バジリスク絆回す理由は、機械割が圧倒的に高いためです。
特に好き嫌いで打っている訳ではありません。
単純に時給計算した時に一番収益が取れるのが現段階ではバジリスク絆だからです。

ですが・・・
残念ながらバジリスク絆は2019年12月で完全撤去。
最近では、新規開拓として「オンラインカジノ」も始めてみました。

https://kushikatsu-oasis.com/onlinecasino/oc-kiso/oc-toha/

パチスロ・スロットで勝つ方法の前に心構え

パチスロ・スロットで勝ってる人の割合は1割程度だそうです。
ということはフロアにいる約9割の人は負けているということになります。
そう考えるとなかなかに恐ろしい数字だと思いませんか?
噂ですがフロアでまったく当たらない時間帯もザラにあるとのことです。
そんな中でもやはり勝ちたいと思うのは当然ですよね。
しかし、実際勝ちたいと思っても相手は機械です。
運も絡みますがすぐに勝てるものではありませんし、願うだけや気持ちで勝てたらフロアの誰もが勝つことになります。

気持ちに任せて行き当たりばったりに打つことを「オカルト打法」とか言ったりするみたいですが、正直に言うとパチスロ、スロットの世界はそんなに甘くはありません。
もちろん、勝ち続けてる人もたくさんいます。
ただその方達たちは、パチンコやスロットのリサーチ、データの取り方等それにかける時間は異常だと言えるでしょう。
仕事の様に多くの時間かけている人も実際にたくさんいます。
もちろんそういう方は稼いでいますし、確実に勝っています。

皆さん、今日はかなり勝てた!というよりも出てあたり前、勝って当たり前のスタンスが多いような気がします。
それだけパチンコ、スロットに時間が多いってことですね。
これから様々な情報を書いていきます。
それを丸々読んだ結果、実践したら近くのパチスロ店で勝っている方がいない限り勝つことはできると思います。

しかし、初めはそっくりそのまま実践できる人はいないでしょう。

ですので途中でやめそうになってしまったり、諦めそうになってしまった場合は、またこの記事を読み直してやる気を出してください!

私にできたことなので皆さんにも実践することができるはずです!

https://kushikatsu-oasis.com/pachislo/pachislo-kouryaku/pachislo-occult/

パチスロ、スロットで勝つためへの基本用語

パチスロ、スロットで勝つためへの基本用語

パチスロ、スロットで勝つために基本的な用語の理解が必要です。
しかしこれらを覚えたから勝てると言うわけではありません。
ただ、これから説明していく上で毎回わからない状態で進んでいっても勝つことはできないと、断言します。
初めは大変かもしれませんが、まずは言葉の意味を理解してくださいね!

勝つために必須!よく使われるパチスロ・スロット用語

まずは知っておくべき用語をまとめて見ました!
この用語は知ってくれた方が後々話の理解がスムーズになります。
まずはこれを覚えていきましょう!

RT リプレイタイムの略称。リプレイ確率が上がって現状のままプレイできるか、少しずつコインが増えていくことをいいます。
朝一 字のごとく、朝一に並んで打つこと。または朝から回されていない台のこともいいます。
AT 通常状態の時に、確率が高い状態で小役が成立しているのにもかからわず、目押しができないと揃えることができない状態の時に絵柄のナビをしてくれるうれしい機能のことをいいます。
ART 高確率の状態にプラスリプレイの発生確率が高く見込める状態のことをいいます。
上乗せ ゲーム数の上乗せ。ゲーム数を当選することでその権利を得ることができます。
オカルト打法 理論的に根拠のない方法の打ち方、またはジンクス等のことをいいます。
押し順 一般的にスロットは左リールから止めていくが、台の演出などによって変則的な止め方をする場合があります。押し順とはその止めて行く順番のことを指します。
機械割 払い出しの割合のこと。出てきた枚数を出すために使った枚数で割って算出します。(利益÷投資金=機械割)
期待値 計算上これだけは勝つことができるであろうという計算からでる値。例えば、収支が1万円でる予定の台に5000円突っ込むことは、5000円の利益になる正しいといった考え方のことをいいます。
高設定 主に、5と6設定のことをいいます。

注意)基本的にフロアで「この台は設定6だ」などと言うことはタブーとされているので来た!と思っても言わないようにしましょう。

ジグマ 自分の通う店舗のデータを取り、基本的にはそのお店でしか打たないことをいいます。
逆押し・順押し 逆押しとはリールを右から止めること。順押しはリールを左から止めることをいいます。
すべり 目押しなどをしている人が使う言葉。狙った絵柄が停止した位置と違う場所で止まること基本的に通常モードではほぼすべります。
タイミング押し 狙った絵柄の何個から上のところが見えた時に止める。そうすると狙った絵柄ちょうど止まるという戦法です。
CT チャレンジタイムのことをいいます。リールのすべる状態がなくなり狙えば基本的には揃うがボーナスなどは揃わないです。
ゾーン ものすごいチャンスが来ている状態、またはその区間のことをいいます。
天井 一定以上の確率を超えてもあたりが出ない台が特定のゲーム数を超えたときにボーナスなどを出すことをいいます。
ハイエナ 期待値の高い、または見込めるゾーンのみの台を選び打つことをいいます。
フリーズ 様々な操作が無効になり、台によって違う演出がされる。基本的には引いたユーザーは嬉しくなります。出玉がかなり出ることが多いです。
リーチ目 ボーナスの取りこぼし目の状態。ボーナスが揃えれますよということをいう状態のことをいいます。
リセット 設定の変更が行われることをいいます。宵越し狙いなどの人がひっかかるので注意。

まず本当に重要なのはとりあえず期待値、機械割です。
このあたりが理解できだしたら一気にプレイスタイルが変わるでしょう。

パチスロでなかなか勝てない・・・そんな方に!

どんどんと新しい機種が出てくるパチンコ・パチスロ業界において勝ち続けるのはなかなか大変。
仕事も忙しくて、休日もなかなか取れない。
そんな方にとって「時間」はとても貴重ですよね。
パチンコやパチスロよりももっと稼げるギャンブルがあれば…とお悩みの方には、オンラインカジノが絶対おすすめ!

→「ギャンブルの種類と還元率(稼ぎやすさ)ランキングはこちら

パチスロよりオンラインカジノのスロットの方がメリットあり!

長年、パチスロで稼いできましたが、最近はもっぱらオンラインカジノのスロットにお世話になっています。
オンラインカジノに居を移した最大の理由は、時間と場所を選ばない!というところですね。
しかも、「ペイアウト率(還元率)が高い」=「圧倒的に稼ぎやすい」ので、パチスロに専念していた時に比べると、時間とお金に余裕ができました。

なかなかパチスロや他のギャンブルで稼げないという方は、ぜひオンラインカジノを試してみて!

カジノに関してはあまり詳しくないという方でも、オンラインカジノのスロットならカジノの知識は必要ありません。

まずは、オンラインカジノでもっとも人気があるスロットから遊んでみましょう!

負の流れを崩す気分転換におすすめ!オンラインカジノ

パチスロやスロットについてはプロでもも負けることがあります。
しかも負のスパイラルに陥って負けが続くこともしばしばです。
このような精神状態や負の流れから抜け出すためにあるギャンブルで稼ぐという、抜け道があります。

それがオンラインカジノです。

オンラインカジノとは簡単に説明すると、インターネット環境があればいつでも、どこでもギャンプルを楽しむことができるものです!

またオンラインカジノは種類がかなり豊富なギャンブルです。
そのためなかなか飽きが来ないのがメリットですが、逆にどのゲームで遊んだらいいか迷ってしまう人も多いでしょう。

そんな方のためにオンラインカジノのスロットについて簡単にランキングをまとめてみました!

→「オンラインカジノがパチスロよりも稼ぎやすい理由はこちら

勝つために必要な考え方!パチスロ・スロットの期待値を詳しく解説!

パチスロ・スロットで勝つためにまず重要なのは期待値と機械割を理解できているかどうかです。
期待値とは簡単に言うと、勝つためにどれだけのお金を払うか、という計算です!

まずパチスロ・スロットの台というのは、技術を集結させた、ただの精密機械です。

そう、あくまで機械なのです。
機械ですので、そこには巧妙にお店が勝てるようにできているシステムが導入されていると言うことです。
ただ、お店だけが勝ち続けたとしたら誰もパチンコ・スロットをしに行かなくなりますよね?
逆に言えば、しっかりとパチンコ屋は法律に定めれた分、収益の分配を行っていることになります!
つまりは絶対に勝つことはできる!と言うことになります!

前置きが終わったところで、まずは期待値というものを計算してパチスロ・スロットを回す感覚が必要となります。
今、1000円払ったら5分後に2000円になると言われたら誰でも1000円を払いますよね?

期待値はこの感覚と似ています!
この場合みんなが1000円払う理由とは、5分後に2000円になって1000円プラスで返ってくるからですよね!
でも、これが人にお金を貸すとなると話が変わってきます。
2000円にして返すから!と言われても信用がない人ならなら、貸しませんよね?
でも、確実に返してくれる人なら貸すことはあるでしょう。
そして、貸したのに返さなかったら取り立てするけど、音信不通だともうあきらめるしかない、と言うことになります。

パチスロ・スロットの期待値はまさにこれとほぼ同じです!
台というのはお金を返してくれるかどうかはわかりません。
この台なら何倍かにして返してくれそうという台を狙ってうつのが期待値打ちになります。
もし、この台を打てば3万円までは回収できる、という見込みがあれば、3万円まで入れるのは収支的にはマイナスになることはないでしょう。
当たり前ですが3万円の期待値の台に、3万1000円を賭けた瞬間収支はマイナスになります
この計算を無視してしまう人がかなり多いです。
重要なのは期待値で踏んでいる、見込めるお金が帰って来なかったときにすんなり諦めることができるかどうかです。

確かにパチスロ・スロットをしているときに、もう1ゲーム回したら当たるかもしれない!と思っていまうのは誰しもあることでしょう。
しかしここでは、期待値を出して期待値の収支計算で投資金が回収金を超えたら勇気を持って止めましょう!

これを言い換えると、3万円を貸した友達がお金を返さなかったとします。
そこで「もう1万円貸すから、4万円返して」といっているのと同じ状況ということになります。

これ見たら皆さんピンとくると思いますが、3万円返さない人が4万円を返すわけがありません!
自分が計算で出した期待値と、その投資金のルールは必ず守るべきですし、それができない人はビギナーズラックで勝つことがあっても基本的には絶対負けるでしょう。
期待値の言葉のイメージは掴めましたでしょうか?

勝つために理解しよう!機械割をわかりやすく解説!

勝つために理解しよう!機械割をわかりやすく解説!

機械割というのは、簡単に言えば儲かる確率です。
先述しましたが、僕がバジリスク絆を回す理由として、機械割が高いからと説明しましたが、ここでは詳しく解説していきます!
機械割というのは、機種、その台がいくらの確率で儲けさせてくれるかという数値のことです。
例えば、1時間に回せるゲーム数は800程度なので800ゲームで機械割の数値107%で計算すると。

800×3(1ゲーム当たりにかかるコインの枚数)×0.07(機械割の数値107%の場合)=168枚となります。

等価であればこの時の時給は3360円と計算できます。
以上が機械割の計算方法となっています。
ただ、これを見て勘違いしてほしくないのは誰でもがこの台を打てば3360円儲かるというわけではない、と言うことです。

このようなことをすれば、来るお客さんみんなが勝ちますし、全国のパチンコ店がつぶれてしまいます。
ではこれはなんの数字なのか?ということですが、これはあくまでメーカーが出す指標です。
実際はこれぐらい発生するはずのお金がパチンコ店にもってかれたり、一部の勝っている人に流れていることになります。
重要なことの一つですが、最初から機械割の低い台はできるだけ打たない方がいいです。
本当に勝ちたいと思っているなら好きなアニメの台などは打たずに捨ててください!

もちろん稼ぎが目的ではなく趣味程度に楽しむ!といった方であれば構いませんが、機械割の低い台をどれだけ打っても勝つ確率は低いですし、勝ってもあまり稼ぐことはできないでしょう。
ですので、まずは機械割から絞ることが重要なポイントです。
と言うことで私は機械割がいいバジリスク絆を打つ、ということです。

勝つためにはお店も選ぼう!勝てるホール見つけるためには?

先程も説明しましたが、勝つために必要なのは圧倒的に情報量です。
パチンコ、パチスロにおいて情報がすべてと言えるでしょう。
まずは自分が良い台を狙えるホールを見つけるところから始めましょう!

勝つ人はもう持っている!マイホールを見つけよう!

いわゆる「マイホ」と呼ばれるぐらい定着しているマイホールと言う言葉。
常に勝っている、負けない方はほぼ全員が「マイホ」を持っています!
「マイホ」を見つけるというのは実はかなり重要です。

こんな言葉があります。

パチスロで勝ちたかったら足を使え

これは一周回って的を得た名言と言えるでしょう。
正直私もパチスロ、スロットを打ち始めたとき、目に入ったパチンコ店行ってとりあえず打ってみると言うスタンスでした。
しかし、これは本当にいいことは一つもありません。

「勝ちたかったら足を使え」は単純に遠くのお店に行ってみろってことではありません。
様々な店舗を回れってという意味であり、最重要目標は優良店を見つけるためです!
もう一つの意味は、フロアで良い台の目星をつけるために歩きまわれと言うことです。
そして、良い台に人が座っていたら一度徘徊して、その台が空くまで待てということです。

この名言にはパチスロ・スロットで勝つために必要な考え方が多く含まれています!

優良店の見極めかたは思っているよりかは簡単です。
まずはこの3つのポイントを押さえましょう!

  1. 人の入りが多い店かどうか
  2. データグラフが見れない店かどうか
  3. 明らかにプロのような人がいるかどうか

まず大前提として人が入っていないところでは当たるはずがありません。
パチンコ店も企業なので、経営が成り立つように台の設定も変更しているでしょう。
つまり、人が少なければ必然的に機会が吐き出すお金は減ると言うことです。
なのでまずは人が多いところへ目星をつけましょう!
次にデータグラフについてですが、最新の機種や新しい店舗だとデータグラフで過去の推移が見れたりすることが多いです。

初心者はこれ見て、今いい設定になっている!と思って回す方が多いと思います。
しかしフリーズとかの場合はほぼこの設定はあてになりません。
またリセットのことを考えると、あてにしない方がいいと言えるでしょう。
この項目はそこまで重要ではありませんが、慣れるためにもはじめは絞ってみるといいでしょう!

そして③ですが、正直一番重要です!
勝っている人がいるということは、単純に出やすいし、勝ちやすい台があるということです。
もちろん、お店側が仕組んだ台もありますが、勝つ可能性はかなり高くなるでしょう!
プロっぽいかどうかを見極めるのは意外と簡単です!

  • ずっとフロアをうろうろしている人
  • 負けていたら勝つまで打たずすぐに帰る人
    (狙ってた期待値が出なかったときなどにプロはこのような行動をとります)
  • 貯蓄しているメダルの数が異常に多い人
    (人のドル箱を眺めるのはマナーが悪いので気をつけましょう)

一番わかりやすいのは貯蓄メダル見るのがことです。
勝ちまくってる人は貯めてるメダルの量が全く違います。
貯蓄メダルで打つ人はかなりプロに近いと言えるでしょう!
一般プレイヤーは基本的に貯蓄メダルをしない傾向があります。
この項目に当てはまる人はほぼプロだと思ってもいいでしょう。
こんな人がいるフロアはかなり勝率を見込むことができます!
勝っている人がいるところは無理じゃないの?と考える人もいるでしょう。
一度逆に考えてください。
勝っている人がいないフロアの方が勝つ確率が低いと思いませんか?

パチスロ、スロットを打つ時間帯も勝つために選ぼう!
ゴールデンタイムが一番アツい!

パチスロ・スロットにもアツい時間帯が存在します。
ゴールデンタイムと呼ばれる時間はどのような時間かと言うと、基本的にハイエナができる時間帯と言われています!
実はその日溜めに溜めて、吐き出さない台がごろごろしてる夢のような時間帯があります。
まさにそこが狙い目の時間です。
私が基本的に打ちに行く時間帯は18時~21時です。
嘘だと思う前に騙されたと思ってこの時間帯しか行かないようにしてみてください。

気づいた頃にはその時間帯以外に打ちに行くことはなくなるでしょう。
私がその時間帯以外はほとんどいかない理由は単純です。
勝てないからです(笑)
私はだいたい打ち出したい18時に合わせて目星をつけた店(マイホ)を徘徊するようにしています。
周りから見ればおかしな人に見えるかもしれません。
勝つためと考えてその場は我慢しましょう!
まとめると、その時間帯に打てるようにホールを周り、目ぼしい台を血眼になって探す!
目ぼしい台を見つけたらひたすら空くまで待ちましょう!

気をつけて欲しいのですが、目星をつけた台をひたすら回してる人がいたとしても、待たずに妥協することはやめましょう!
ここは我慢の時間です。
「勝ちたかったら足を使え」この名言はここでも出てきます!
目星をつけた台があるのならば、妥協するのではなく、空くまで待ってその辺を徘徊しましょう。
そうするとそのうち、その台から必ずあたりが出ます。
その時を想像して速攻で場所を確保しましょう!
ここで一つ注意することは、待ってる間にその人が当てたらその台は打たないこと!
これも重要なポイントです。
狙ってる台を誰かが当ててしまったらもう諦めて次の台を探しましょう!