スポーツベッティングは違法か合法か?

www.cantinesanpancrazio.it/components/wedudoma/1013-come-spiare-le.php スポーツベッティング

http://ldi.mx/includes/self/hypothroidism-fibromyalgia-weight-gain-what-do-all-these-have-in-common.php スポーツベッティングは違法か合法か?

webdisk.wcs2015.org/109-cmo-comprar-fosfato.php スポーツベッティングはプレイしてみたいけど、法律的に大丈夫なのか?と、不安に感じる方も多いでしょう。
しかし、海外のブックメーカー(オンラインブックメーカー)のスポーツベッティングをプレイする方が、まだまだ数が非常に多い、とは言えません。
が、日本にたくさんのプレイヤーがいる、という事実もあります。
そこで、海外のブックメーカー(オンラインブックメーカー)によるスポーツベッティングが、
違法なのか?合法なのか?検証していきたいと思います。

→「スポーツベッティングって何?初めての方はまずはこちら

ブックメーカー選びに気をつける

まず、日本でプレイされるブックメーカーですが、基本的に海外のブックメーカー(オンラインブックメーカー)になります。
日本では、競馬や競艇やtotoなど限られたスポーツベッティングしか、合法として認められていません。
そのため、海外のブックメーカー(オンラインブックメーカー)で、日本でお金を賭けて、それ以外のスポーツベッティングをプレイするのは心配、という方もいるでしょう。
海外のブックメーカー(オンラインブックメーカー)と言っても、数え上げるのも大変なほど、たくさんあります。
中には、違法で運営されているものもありますので、まず、ブックメーカー選びには、しっかり注意をする必要はあります。
当サイトでは、ライセンスや認可のおりているブックメーカーのみをご紹介しております。

法律がありライセンスのあるブックメーカーを選ぶ

プレイヤーが気になる点として、自分がスポーツベッティングをプレイするブックメーカーが違法でないか?という点でしょう。
スポーツベッティングをプレイするためのブックメーカー(オンラインブックメーカー)を合法的に運営するには、

  • オンラインギャンブルを合法とする法律がある国で運営されていること
  • ライセンスを取得し、認可をうけている

という点をしっかりと確認する必要があります。

“William Hill(ウィリアムヒル)”の例

例えば、”William Hill(ウィリアムヒル)”は、イギリスのブックメーカーですが、非常にスポーツベッティングをプレイするプレイヤーが多いです。
何故かと言いますと、より安全とされる理由は、イギリスには、オンラインギャンブルを合法とする法律があるからです。
そのため、イギリスでは、明確にオンラインギャンブルを許可しているため、プレイするのは合法です。
そして、イギリス政府が管轄する賭博管理委員会の審査を通過した場合に、営業許可するライセンスを取得できる、というわけです。
当然、”William Hill(ウィリアムヒル)”は、イギリスで、ライセンスを取得し、合法的に、営業の認可をうけています。
このように、オンラインギャンブルに対する法律が整備されている国で、ライセンスを取得し、認可されているブックメーカーを選ぶようにしましょう。

日本でブックメーカーをプレイし逮捕された人はいない

海外では合法でライセンスがあっても、日本でプレイするのは違法ではないのか?と思う方もいるでしょう。
日本には、ブックメーカーはじめオンラインギャンブルに関する法律はまだありません。
それは、競馬や競艇やtotoなど、限られたスポーツ以外に、合法的な他のスポーツベッティングがないことも示しています。
そのため、オンラインによるスポーツベッティングが、違法か合法か明確に判断できない、と
いう側面もあります。
これから、日本でもオンラインギャンブルの法律が整備される可能性は十分にありますので、動向を伺いましょう。
ただ、言えるのは、現在までに、海外でライセンスがあるブックメーカーで、スポーツベッティングをプレイし、逮捕された人はいない事実があります。
つまり、結果的には、現在までに、海外でライセンスのあるブックメーカーでスポーツベッティングをして、完全に違法と認められてはいない、と言えます。

スポーツベッティングの年齢制限

少し視点を変えると、スポーツ系のギャンブル、ゲームと言えば、スマホのアプリゲームに近いのかな?と感じそうですが、少し異なる点もあります。
当サイトをご覧の皆様の多くは、成人された方が多いかもしれませんが、オンラインブックメーカーにも年齢制限はあります。
まず、ブックメーカーでスポーツベッティングをする際に、オンライン上でアカウントを作成する必要があります。
多くの他のギャンブルと同様に、18歳未満の方はアカウントを作成することはできません。
スポーツ系で人気のあるゲームを、スマホで、アプリゲームとしてプレイする場合と少し違う点はそこかもわかりません。
当然ですが、金銭を賭けるため、すぐに違法とはならなくても、18歳未満と判明した時点で、アカウントはすぐに使用できなくなります。

このように、海外であれば、どこのブックメーカーでもスポーツベッティングをプレイしても良いわけではありません。
必ずライセンスや認可の確認をし、18歳以上の方のみが、お金を賭けて、スポーツベッティングができます。
安心して、スポーツベッティングがプレイできる当サイトのおススメするブックメーカーがこちらになります。

「スポーツベッティング」といえばWilliam Hill(ウィリアムヒルスポーツ)

カジノゲームがメインのゲーミングプログラムとは異なる、15,000人以上の従業員数と英国内に2370店舗ものブックメーカー店を誇る世界トップクラスのブックメーカー。

2002年からロンドン株式市場上場し、英国では100万人以上の利用者を抱える抜群の信頼性を持つ世界的な規模の大手ゲーミング企業です。

完全日本語対応のスポーツベット

ゲームの説明などはもちろん、チーム名や選手名も日本語に対応。
テレビなどでいつもスポーツを応援している感覚で、手軽に楽しめます!

スポーツベットでは、欧州サッカー、メジャーリーグ、日本のプロ野球、NBA、など、世界中で人気のあるスポーツはもちろんのこと、最近話題の「Eスポーツ」まで、取り扱っているので、様々なプレイヤーの好みに対応することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする