オンラインカジノと税金

オンラインカジノと税金

オンラインカジノで大勝ちして、たくさん稼いだ場合、プレイヤーが非常に気になる1つが、税金でしょう。
オンラインカジノは、1日に何10万や何100万、またそれ以上稼ぐことも可能です。
そんなにたくさんオンラインカジノで稼いでも申告しなくても良いのか?
という疑問点について、解説していきたいと思います。

→「オンラインカジノって何?初めての方はこちら

ギャンブルで稼いだら税金は発生するのか?

ランドカジノやパチンコやパチスロ、また競馬や競艇などで稼いだから納税をする、という話は、あまり耳にしないかもしれません。
しかし、納税義務や申告義務がない、というわけではありません。
本来は、ランドカジノやパチンコやパチスロ、競馬や競艇などで稼いでも、稼いだ額により、納税義務や申告義務はあります。
ランドカジノやパチンコやパチスロ、競馬や競艇などは、多くの場合、勝った場合の払い戻しを現金で行います。
そのため、公的な記録には残らないため、税務署が、お金の動きをきっちりと把握しづらい状態になり、申告をして税金を納める方が少ないのかもしれません。
ランドカジノの場合は、現在はまだ日本には存在せずに、海外にある、という点もあります。

オンラインカジノの勝ちで税金を納める?

一方で、オンラインカジノは、勝った場合、現金でその場で払い戻しをする、という場合とは違います。
払い戻しは、電子決済サービスや電信送金(銀行への振込)などで出金手続きをします。
つまり、プレイヤーがいくら稼いだか?の記録がしっかりと残ります。
競馬などでも、インターネットで馬券を買う場合は、ある金額以上の勝ちがある場合、申告をする必要がある、と聞いたことがあるかもしれません。
オンラインカジノの場合と同様に、記録が形として残る以上、税務署もしっかり管理ができるというわけです。

年間に50万円以上稼いだ場合に納税義務が発生する

では、オンラインカジノの場合にかかる税金の種類は何になるのでしょうか?
当然、所得税や法人税ではありません。
オンラインカジノで稼いだ金額にかかるのは、「一時所得」という税金になります。
「一時所得」の税金には、特別控除額があり、
「一時所得」の場合は、最高50万円までの特別控除額が適用されます。
つまり、1年間で、稼いだ金額が50万円を超えた場合に、納税義務が発生する、というわけです。

オンラインカジノの負けた金額は支出にあたるのか?

自分で確定申告などをされている方などは、よく理解されている方も多いですが、オンラインカジノの場合、支出や経費はどうなるのか?という点もあります。
税金を納める場合、売上から支出や経費を引いた金額に対して、納税金額がかかる、という場合があります。

オンラインカジノでの支出金額の考え方

例えば、1年間で、200万円を使い、500万円稼いだプレイヤーの方がいるとします。
その場合、500万円から200万円をそのまま引いた300万円に対して、納税義務が出ると考えそうですが、少し違います。
仮に、1年間のうち、1日だけプレイし、1日で200万円を使い、500万円を稼いだのであれば、300万円に対する税金を納めます。
しかし、そのような場合は少ないのがオンラインカジノです。

オンラインカジノの支出金額は「勝った日の支出のみ」

オンラインカジノの場合は、毎日であったり、週に何日、とプレイする方が多いです。
その場合、勝つ日もあれば、負ける日も出てくるでしょう。
そして、オンラインカジノの場合に、支出や経費に計上することができるのは、「勝った日に使った金額のみ」となります。
つまり、負けた日に使った、支出した金額は、税金を納める際の支出金額には含まれない、となります。
オンラインカジノで、もう既にたくさん稼いでいるプレイヤーの方はご存知の方も多いですが、これから始める方は、注意しましょう。

オンラインカジノの税金の計算方法

では、1年間で税金を納める対象となる金額はいくらになるのでしょうか?
例えば、1年間で50万円以上、稼いだプレイヤー、100万円、500万円、1,000万円、1億円を例にしてみます。
「一時所得」から特別控除額50万円を引いた金額×1/2が、取得税になります。

100万円の場合

(100万円-50万円)×1/2=25万円

そして、25万円にかかる取得税が、¥12,500となり、¥12,500を納税します。

500万円の場合

(500万円-50万円)×1/2=225万円

そして、225万円にかかる取得税が、¥127,500となり、¥127,500を納税します。

1,000万円の場合

(1,000万円-50万円)×1/2=475万円

そして、475万円にかかる取得税が、¥522,500となり、¥522,500円を納税します。

1年間で、1億円稼いだ場合で、上記の計算式にあてはめて、¥17,591,500の納税義務が出てきます。

例として出しましたが、他の取得税の金額につきましては、実際に、簡単に調べることも可能です。

オンラインカジノの納税は確定申告

また、税金の対象金額や、税金のおおよその金額以外に、いつ申告するのか?という点があります。
オンラインカジノの納税は、基本的に、確定申告になります。
確定申告は、1年分の納税を、次の年の、「2月16日から3月15日」の間に行います。
オンラインカジノの確定申告には、オンラインカジノから発行してもらう支払い調書が必要となりますので、注意しましょう。
かなりの金額の取得の場合は、税理士に相談する方が良いでしょう。

このように、オンラインカジノの疑問点の大きな1つである、稼いだ金額にかかる税金に対する点は、しっかり確認しましょう。
そして、大勝ちしても、理解していれば、怖くありません!
オンラインカジノに関する知識を更に深め、オンラインカジノを楽しみましょう!!

オンラインカジノ初心者の方におすすめ!

当サイトおすすめのオンラインカジノ

いざオンラインカジノを始めようと思った時に、まず最初に悩むのが「どのオンラインカジノサイトに登録するか」という点でしょう。

オンラインカジノサイトはたくさんあるので、選ぶのが大変です。
人気や評判、信頼性などいろいろな選び方がありますが、ひとつひとつ調べるのは面倒ですよね。
そこで、当サイトでは日本での人気や信頼性を調べたうえで、おすすめのオンラインカジノを紹介しています。

オンラインカジノで稼ぎたい!という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

日本で人気のおすすめオンラインカジノ5選

オンラインカジノを始めるなら、まずは 人気のカジノサイトから登録するのがおすすめ!
当サイトでは、日本人カジノプレイヤーが集まる人気のカジノを紹介しています。

日本でできるギャンブルの中では最も稼ぎやすいと言われるオンラインカジノで、あなたも副収入をゲットしてみては!?

日本国内人気No.1のベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは日本で人気No.1のオンラインカジノです。
まず始めるならベラジョンカジノから!といっても過言ではありません。
遊べるスロットの種類も多く、パチスロ好きに最もおすすめのオンラインカジノです。

【当サイト限定登録特典】
30$の入金不要ボーナスをプレゼント!

キャッシュバックが魅力!カジノシークレット

カジノシークレットは2018年にスタートしたオンラインカジノです。
新しいサイトですが、人気が急上昇しており、大変注目されています。
たとえ負けてしまっても賭けた金額の半分が戻ってくるというキャッシュバックがあり、稼げる可能性が高いのが特徴です。

【当サイト限定登録特典】
キャッシュバック上限額が470$にアップ!

日本人が始めやすい!インターカジノ(Inter Casino)

世界でも最大老舗のオンラインカジノで、1996年の創業以来数々のカジノイベントで受賞してきた為
海外での知名度は抜群です!
2020年1月には、サイト大幅リニューアルが行われ、2人の可愛らしい女王様キャラがサイトに登場し、日本人プレイヤーにとってさらに使いやすく、親しみやすくなりました!

【当サイト限定登録特典】
30$の入金不要ボーナスをプレゼント!

ライブカジノするなら!ライブカジノハウス(Live Casino House)

ライブカジノハウスは今年、2018年1月に誕生した新しいカジノですが、すでに多くのユーザより人気を博し、急成長を続けています。
名前の通り、ライブカジノ専門のカジノで、数々のカジノから自分の好みに合ったハウスを選んで、その場でプレイを始めることができます。

【当サイト限定登録特典】
30$の入金不要ボーナスをプレゼント!
※限定ボーナスをもらうためには、サポートに連絡をする必要があります。

使いやすさが評判!CASINO-X(カジノエックス)

CASINO-X(カジノエックス)の魅力は、ゲームの種類の多さとプレイしたいゲームがすぐに見つかる操作性です。
またカジノゲームやスロットゲームだけではなく、スポーツの試合の結果にお金を賭ける、スポーツベッティングも楽しむことができます。

【当サイト限定登録特典】
50$の入金不要ボーナスをプレゼント!