最終更新日:

押忍番長3の設定ごとの特徴とモード移行率を解析!Online Casino Pachinko-Slot

この記事のもくじ - Page Contents -

  1. 通常時のモード移行率に設定差がある
    1. 押忍番長3の4種類のモード
  2. 押忍番長3の設定ごとの特徴
    1. 選ばれたベルの回数を把握する

通常時のモード移行率に設定差がある

通常時のモード移行率に設定差がある

今回は大人気台の押忍番長3の通常時のモード移行率に関する設定差を解析していきたいと思います。

押忍番長3の4種類のモード

①通常A

基本となるモードですね。
この状態だと基本的にモード移行を待つのが定石ですね.深いところが選ばれやすい?なんて噂もあります

②通常B

通常Aよりも浅いと言われています。
通常Aよりも天井値が低いです。
かといってすごい期待ができるわけでもないと思いますが、通常Aよりは規定ベル回数にも期待ができますし、ゾーンも通常Aよりも多いですね
通常Aよりはましなモードです

③チャンス

90%以上は32回以内を選択します。
ゾーンがとてもあついモードです。

④対決連チャン

規定ベル回数は7回以内となっています。
非常においしいモードというところですね。
約60%は6回以内と、取り敢えず対決に発展するので、その後に当選しやすいので非常に狙い目であることは間違いないです。
対決連チャン入っているのに離れるのはナンセンスです。

押忍番長3の設定ごとの特徴

奇数設定

対決連&チャンスに移行はしずらいです。
その代り対決連のループ率は優遇されるので入ると大きいですね。
奇数設定の中でも対決連ループ率が最も高いのは設定5です。

偶数設定

対決連&チャンスに移行がしやすい設定です。
ただ、対決連のループが非常に確率が低いので一度の対決に勝つことが大切ですね。
比較的、通常Aに移行しづらいと言われています。

設定6

常に60%超えで対決連orチャンスに移行するという設定なっています。
なので、入りだすと、えぐいことになりますね。
設定6はベル回数33回以上が選ばれづらいです。

選ばれたベルの回数を把握する

内部モードは通常A、通常B、チャンス対決、連ちゃんの計4種類があり、対決発展を機に各モード間を移行しています。
もちろん、ここには設定差があり設定の工程や奇数or偶数で傾向が変化します。
設定6は早めに対決が選ばれやすくなります。